子育て情報『きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!』

2018年6月4日 21:30

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!

目次

・▼1歳差と4歳差のきょうだいの事例
・▼何歳差がかかる?結論は?
きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!
source:http://www.shutterstock.com/
子どもが保育園(幼稚園)に入園し進学するにつれ、だんだんと教育費の負担が増してきます。

きょうだいがいれば尚更ですが、年齢差をつけることで家計への負担を和らげることができるのでしょうか?

1歳差と4歳差のきょうだいの事例を見てみましょう。

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!


▼1歳差と4歳差のきょうだいの事例

それでは、1歳差と4歳差のきょうだいのかかる費用について具体的にみていきましょう。以下が前提条件となります。

<前提条件>

・世帯年収1,000万円(夫600万円+妻400万円)、夫婦と子供2人の4人家族
・1歳差の場合、第一子2歳・第二子1歳の時に2人同時に認可保育園に入園
・4歳差の場合、第一子・第二子ともに1歳の時に保育園に入園
・小学校・中学校・高校は公立に進学
・大学は第一子は私立文系、第二子は私立理系に進学。自宅通いで大学費用以外は考慮しない
※各学年末時点の年齢で表記、数値は100円単位を四捨五入

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!
source:http://www.shutterstock.com/
●保育園料

(1)1歳差(年子)きょうだいの教育費(月額平均)
※世田谷区認可(認証)保育園の場合。第二子は半額軽減あり事例

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!


公立でも、二人が中学・高校に在学中は月の教育費は約8万円と、負担は少なくありません。二人が大学在学中は、月にかかる教育費はなんと18万円。

一般的には、貯蓄を切り崩さないと月収だけでは払えない金額でしょう。

(2)4歳差きょうだいの教育費(月額平均)

1歳差と異なるのは、第二子の保育園料が半額になる期間が短くなる点です。

<保育園料>

第二子保育料⇒(1~2歳)21,000円(3歳以降)第一子と同じ

自治体によって異なりますが、世田谷区の場合、第二子の半額軽減は第一子が同時に保育園に通園している期間のみ適用されます。1歳差と比べると、第二子の保育料は合計で576,000円多くかかる計算です。一方で、4歳差きょうだいは大学費用が重ならず、負担が一時期に集中しないで済む利点もあります。

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!


第二子が大学へ進学する時期は第一子が就職しており、月の教育費は105,000円で済むでしょう。

▼何歳差がかかる?結論は?

きょうだいの教育費…何歳差の負担が大きい?年齢差別にチェック!
source:http://www.shutterstock.com/
自治体によっては、きょうだいが保育園へ同時に通う時期が長いほど第二子の保育料は安く済みますが、今後「幼児教育無償化」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.