子育て情報『敏感肌・アレルギー肌の赤ちゃんも安心!おすすめ「無添加洗剤」10選』

敏感肌・アレルギー肌の赤ちゃんも安心!おすすめ「無添加洗剤」10選

2018年6月12日 21:00
 

目次

・▼無添加洗剤って何?
・▼無添加洗剤で汚れは落ちる?
・▼無香料・無添加洗剤10選
敏感肌・アレルギー肌の赤ちゃんも安心!おすすめ「無添加洗剤」10選
source:http://www.shutterstock.com/
赤ちゃんのお肌は薄くてとても柔らかです。ちょっとした刺激でも、かぶれや湿疹が出てしまうこともあります。

毎日お肌に触れる肌着や衣類、タオルにシーツは刺激の少ない安心した洗剤を使ってあげたいですよね。

今回は、守ってあげたい赤ちゃんのデリケートなお肌にぴったりの無添加洗剤をご紹介します。

▼無添加洗剤って何?

無添加洗剤とは、界面活性剤に「天然界面活性剤」を使用しており自然のものから作られる洗剤のことです。

一般洗剤とはどう違うのかというと、一般洗剤には「蛍光増白剤」や「合成界面活性剤」が配合されており、この合成界面活性剤で洗剤が固まらずにサラサラな状態を保つことができているのです。

反対に無添加洗剤は、合成ではなく天然界面活性剤が使用されており、更に石鹸素地、純石鹸、脂肪酸ナトリウムなどの記載があります。これらは分解が早くお肌への負担が少ないことでも知られています。(※1)

現在、一般洗剤にも蛍光増白剤や合成界面活性剤の含有量が少量のものがあるのですが、赤ちゃんの肌トラブルを守るためにも、できれば使用しないことをおすすめします。

▼無添加洗剤で汚れは落ちる?

無添加洗剤でしっかり汚れが落ちるのか気になるところですよね。確かに一般洗剤に比べると洗浄力は落ち、黄ばみや、石けんの溶け残り、お値段も一般洗剤よりも高いデメリットがあります。

敏感肌・アレルギー肌の赤ちゃんも安心!おすすめ「無添加洗剤」10選
source:http://www.shutterstock.com/
ですが、無添加洗剤には粉石けんが多く、粉石けんは洗浄力も高いと言われております。粉石けんで洗濯をする前に、ぬるま湯で洗剤を溶かしたり、泡立たりすると更に洗浄力もアップし、石けんの溶け残りも気になりません。(※2)

液体状の無添加洗剤は、粉石けんに比べ洗浄力は落ちるのですが洗剤の溶け残りを気にすることなく使用することができます。

▼無香料・無添加洗剤10選

(1)まるは油脂 洗濯用ハーブの香り粉石けん
敏感肌・アレルギー肌の赤ちゃんも安心!おすすめ「無添加洗剤」10選
source:https://www.amazon.co.jp/
合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・酸化防止剤・保存料を一切使用していない天然ラベンダーを配合した洗濯洗剤です。

赤ちゃんの肌着や衣類からお肌の弱い大人まで幅広く使用でき、しっとりした粉石けんなので粉飛びの心配もありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.