子育て情報『虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ』

虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ

2018年6月13日 21:30
 

目次

・▼虫刺されやすい気候とは?
・▼虫にさされやすい人の特徴とは?

・▼蚊対策の必要度が分かる「蚊ケア指数」をチェック!
・▼虫刺され対策4つ
虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ
source:http://www.shutterstock.com/
日中は汗ばむほどの暑さを感じる日も出てきて、半袖の出番ですね。こんな時期に気をつけたいのが虫刺され。

筆者の子も公園に行くたびに刺され、その数すでに10ヶ所以上……。

子どもは、虫刺されの部分を掻きむしってとびひになってしまう場合もあるので注意が必要です。

今回は、蚊と気候との関係や虫刺され対策についてアース製薬やKINCHOなどのHPに掲載されている情報をもとにご紹介します。

虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ


▼虫刺されやすい気候とは?

蚊は人の血を吸う虫だと思われていますが、ふだんは花の蜜、果物の汁、樹液などが食べ物です。メスのみが産卵のために吸血します。

1回で300個ほどのたまごを産み、わずか2週間ほどで卵から成虫になるため、爆発的に増えることがあります(※1)。

日本の気候でいうと、4月~10月頃までは蚊に刺されやすい時期と言えるでしょう。

▼虫にさされやすい人の特徴とは?

虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ
source:http://www.shutterstock.com/
蚊は、人間の体から出される体温や二酸化炭素を感知するようです。嗅覚も使ってターゲットを探します。そのため、体温が高い、汗をかきやすい、お酒を飲んだという人が刺されやすいと言われます。黒い色にも集まる傾向があります(※2)。

次の人が刺されやすいようです。

・赤ちゃんや子ども

・妊娠中の女性

・汗をたくさんかく人

・飲酒をしている人

・黒い服を着ている人

▼蚊対策の必要度が分かる「蚊ケア指数」をチェック!

天気予報と一緒に「洗濯指数」を目にしますよね。似たような感じで、最近では、「蚊ケア指数」というものがあるのをご存じでしょうか?

日本気象協会とアース製薬が共同開発したもので、蚊対策の必要度の目安を5ランクで表示するものです。天気予報専門メディア「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」( https://tenki.jp/)で8月31日(金)までの間公開されており、チェックすることができますよ(※3)。
虫に刺されやすい気候って?「刺されやすい人の特徴」と対策5つ


これから夏休みにかけて遠出も増えてくるかと思いますので、各地の蚊ケア指数をチェックして虫刺され対策をしてみるのもよいかもしれません。

▼虫刺され対策4つ

子どもは外で遊ぶのが大好き。そこで蚊に刺されないための対策を4つご紹介します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.