子育て情報『【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策』

2018年6月26日 21:30

【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策

目次

・▼熱中症にかかりやすい時期
・▼赤ちゃんの熱中症の症状
・▼家庭でできる対策は?
【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策
source:http://www.shutterstock.com/
2018年は猛暑になりそうだと言われていて、暑い日が続きそうですね。

総務省消防庁によると、6月4日(月)~6月10日(日)までの全国の熱中症による救急搬送人員は987人でした(※1)。この数は、なんと去年の同時期の1.5倍!

熱中症は死亡にもつながる怖い病気です。赤ちゃんを守るためにも基本をおさらいしておきましょう。

【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策


▼熱中症にかかりやすい時期

熱中症は、毎年7月から8月に多く発生します。特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる7月は体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。

【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策
source:http://www.shutterstock.com/
また、日中の気温が30度を超えると熱中症による死亡が増えはじめ、気温が高くなるにつれて死亡率が急上昇するというデータがあります。体力のない赤ちゃんは注意が必要です(※2)。

▼赤ちゃんの熱中症の症状

赤ちゃんは、自分で体温調整できないので体内に熱がこもりやすくなります。自分で言葉にしてつらさを訴えることもできないので、大人のほうで気づいてあげる必要があります。

次のような症状は、熱中症の初期症状の可能性があるそうですので、注意してみるとよいでしょう(※3)。

・顔の皮膚が赤みを帯びていて熱い

・元気がなく機嫌が悪い

・いつもより母乳やミルクや麦茶などを飲みたがる

顔色が悪くなったり、唇が乾いている、呼びかけても反応しないといった場合は危険な状態ですので、医療機関に受診してください。

▼家庭でできる対策は?

【0歳】赤ちゃんが熱中症に注意したい時期は?症状と対策
source:http://www.shutterstock.com/
熱中症は予防が大事です。家庭でできる対策をご紹介します。(※2)

(1)日差しを避ける

外では帽子をかぶったり、日傘を利用するとよいです。日なたより日陰を歩くだけでも効果があります。子どもは身長が低いですし、ベビーカーも地面の近くに座面があるので地面からの熱の影響を受けやすくなります。気温が高い日に散歩する場合は気をつけましょう。

(2)室内でも暑さを避ける

屋内でも熱中症が多発しています。エアコンや扇風機を利用し、できれば室温28度以下、湿度60%以下に保つとよいようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.