子育て情報『プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」』

2018年8月18日 21:15

プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」

目次

・▼お風呂のカビ、発生原因とは
・▼ついやってしまう!? カビが発生しやすいNG行動
・▼その他おすすめのカビ・ぬめり対策グッズ
プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」


赤カビやヌメヌメしがちなお風呂の水回りには、壁面などに小さな収納棚がついていることが多いかと思います。見て見ぬふりをしがちな棚の角や棚下部分の見えない位置、そこにもカビや雑菌が溜まっています。

時間にゆとりがあり、お掃除好きなら毎日念入りにお掃除ができますが、そうもいかないのが本音。

そこで、今回はお風呂場の洗いにくい棚を取り除き、清潔に使えて簡単に掃除ができる技をご紹介します。

プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」


▼お風呂のカビ、発生原因とは

お風呂場のカビの発生は、「垢」「石鹸カス」「水」「空気」の環境次第で簡単につくられてしまいます。

お風呂場ですから、石鹸をつかって身体の垢を洗い流します。ですが、きちんと排水されなかったり壁面等に飛び散った垢や石鹸カスがなかなか流されていないことがあります。

更には、お風呂場からあがってもお風呂場の水分を全て取り除くのは大変。

換気を忘れてしまったり、換気機能が弱いことでカビが発生する環境は簡単にできあがってしまうのです。

▼ついやってしまう!? カビが発生しやすいNG行動

壁面や排水にたまった石鹸カスや垢を洗い流すために、温水シャワーで洗い流すこと。

これは避けた方がよいでしょう。

なぜならカビは、25~30℃の温度を好み、盛んに発生し始めるからなのです。(※1)

入浴後、洗い流すときは水で流すようにましょう。

また、入浴グッズが置かれている部分や隙間も忘れずに水で洗い流してください。

とはいっても夏場は、水で洗い流しても水の温度が上がってきてしまうので注意が必要です。

そこで筆者は、掃除が簡単にできるよう、水が棚底にたまることがないよう棚を取り外しています。

プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」
photo by author
出典: It Mama(イットママ)
入浴に必要なグッズは、“吊るす(干す)”ことをおすすめします。

プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」
photo by author
出典: It Mama(イットママ)
(吊るせるもの)
・桶
・石鹸
・シャンプー・コンディショナー(セリア)
・ボディウォッシュタオル(セリア)
・鏡を拭くタオル

ボトルを吊るすために筆者がつかっているのは、セリアの「ステンレスボトルハンキングフック」と「ハンキングステンレスピンチ」

プロが実践!【お風呂場のカビ対策】セリアを活用した「吊るす収納法」
ステンレスボトルハンキングフック
出典: It Mama(イットママ)
これは通常のタイプのボトルでしたら対応できるので、ボトルを買い替える必要がなくコレさえあれば簡単に吊るせるのが嬉しいですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.