子育て情報『【消臭効果とデザイン重視!】人気の10選「おむつ用ゴミ箱・処理ポット」』

【消臭効果とデザイン重視!】人気の10選「おむつ用ゴミ箱・処理ポット」

2018年7月5日 21:30
 

目次

・▼おむつ処理ポットの種類は?
・▼匂いをブロックするおすすめおむつ処理ポット10選
・▼おすすめの「防臭アイテム・防臭対策」
【消臭効果とデザイン重視!】人気の10選「おむつ用ゴミ箱・処理ポット」
source:https://www.amazon.co.jp/
赤ちゃんの使用済みおむつの処理に「おむつポット」や「おむつペール」と呼ばれるおむつ用ゴミ箱を使用しているママも多いと思います。

赤ちゃんのおむつ交換は一日平均5〜6回、新生児だと10回以上にもなります。コンパクトにまとめておむつポッドなどに捨てても衛生面やニオイなどが気になるママも多いのでは。

今回は、おむつ処理ポットの種類から消臭効果の高い人気のおむつ用ゴミ箱をご紹介します。

【消臭効果とデザイン重視!】人気の10選「おむつ用ゴミ箱・処理ポット」

▼おむつ処理ポットの種類は?

おむつ処理ポットには大きく分けて二つの種類があります。

(1)カートリッジ式タイプ

カートリッジ式とは、おむつひとつひとつを専用のフィルムに個包装して処理するタイプのおむつ処理ポットです。

メリットとしては、消臭・抗菌効果があるのでニオイも衛生面も安心、暖かくなる季節でもニオイを気にすることなくどこにでも設置することができます。

デメリットとしては、専用カートリッジが必要になるので無くなる度に購入・交換しなければならずランニングコストが掛かります。

(2)市販のゴミ袋を使用するタイプ

市販のゴミ袋やレジ袋などに入れ、おむつ処理ポットに捨てるタイプです。専用カートリッジが必要ないので経済的な面では負担がそれほど掛かりません。おむつが卒業できた後は一般家庭ゴミ箱としても使用できるメリットもあります。

ただ、カートリッジ式に比べるとどうしてもニオイが気になるデメリットもあります。ご家庭によっては別に消臭剤や消臭機能付き袋を購入し、ポットに貼り付けて使用される方もいます。

▼匂いをブロックするおすすめおむつ処理ポット10選

(1)ピジョン Pigeon「らくらくおむつポットン 片手でポイ!」
【消臭効果とデザイン重視!】人気の10選「おむつ用ゴミ箱・処理ポット」
source:https://www.amazon.co.jp/
ハンドルを簡単操作するだけでおむつをゴミ箱に落としてくれニオイをシャットアウトしてくれる仕組みになっているピジョンの「らくらくおむつポットン 片手でポイ!」

専用カートリッジ不要のためコストも掛からず、30リットル相当のゴミ袋が使え容量も大きいのが嬉しいポイントです。片手で簡単操作でポイ!ニオイを気にすることなく使えると人気があります。

本体サイズ:組立て後サイズ:高さ540×幅267×奥行365mm
専用カートリッジ:不要
ゴミ袋推奨サイズ:50×70cmの30リットル相当のゴミ袋

(2)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.