子育て情報『「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは』

2016年10月26日 19:21

「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは

目次

・使うシーンを考えよう
・指定席に戻す
・収納ボックスを買わない
・バザーボックス
・カテゴリー別に分ける
・ストックしない
「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは
source:http://www.shutterstock.com/
家のお片付けって面倒ですよね。

ついつい置きっぱなしにしていたり、しまい忘れていたりして、「どこへやったっけ?」となることもあります。

そんな状態だと、つい同じものを買ってきてしまい、ただでさえ散らかっているのに更にものが増えてしまう……なんてことになります。

そんな時は、人の動線に視点を当て、ものの必要性を考えながら整理していきましょう。

今日は、『1人でできる子になるテキトー母さん流    子育てのコツ』の著者の立石美津子が“物の置き場所”についてお話ししたいと思います。

「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは


■使うシーンを考えよう

お片付けは時間短縮のためにしますよね。身体の動きを分析し、より使いやすい場所に保管しておきましょう。

たとえば、トイレにトイレットペーパーやトイレ用洗剤のストックを置く、というのも使い勝手を考えるからですよね。

今回は、更に上級者を目指してみましょう。

・缶切りを必要とする缶は少なくなりましたが、缶切りは缶詰の上

・お好み焼き用へらはホットプレートの中

「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは
Photo by Author
・テーブルで化粧するのならば、食卓のそばに化粧ポーチを置く

・買い置きゴミ袋はゴミ箱の底へ置いておく

「散らかった家を何とかしたい…!」上手にお片付けするためのルールとは
Photo by Author

■指定席に戻す

“片付付ける=指定席に戻す”ことです。

帰宅後、郵便ポストにどっさり届いたダイレクトメール類、学校から持ち帰った手紙類、「後で整理しよう」とその辺に置いてしまうと、ついそのままになってしまい、新しい置き場所ができてしまいます。

必要のないダイレクトメールはゴミ箱へ直行。

種類別に入れ物を作り、その辺に置きっぱなしにするのではなく、定位置にしまいましょう。

そうすれば探す時もそこだけで済みます。「どこにしまったけ?」と探すこともなく、イライラもなくなります。また、ダイレクトメールや通信販売のカタログ類は、1度購入すると顧客情報に載ってしまうのでずっと送られてきます。

必要がないのならば、「これからは送付をストップしてください」と電話しましょう。

■収納ボックスを買わない

「あら、ここに隙間があるわ」と思い100均で収納ボックスを買ってくるのは止めましょう。

こうして余計な指定席を作るので、ますます物が増えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.