子育て情報『マタニティブラを選ぶポイントと「年齢にあったブラを見つける方法」って?』

2019年4月15日 21:35

マタニティブラを選ぶポイントと「年齢にあったブラを見つける方法」って?

産後のブラジャーや妊娠線予防のクリーム(3本)まで一式を購入しました。
締め付けがゆったりとするブラジャーに代わると、つわりも軽減される気がします。また、仕事をしていても、見た目のバストラインはキレイにキープできました。

しかし、筆者の問題は3人目の妊娠にありました。引っ越しをし、つわりの中、専門店を見つける気力がなく、子ども服屋さんでサッと購入。確かに今思えばサポート力など気になりますが、当時は、3人目の気のゆるみもあり気づかなかったように思います。

そのままの感覚で授乳期を終え、今は……(涙)
「産後、おっぱいが萎んだ~」とか「弾力がなくなりおばあちゃんの胸みたい」の状態です。

元々小さめのバストなので、「おっぱいが萎んだ~」のレベルではないかもしれませんが……。

産後は、授乳しやすく、さらに締め付けもラクなブラジャーに切り替える人も多いようですが、筆者の経験から、バストの変化が劇的なこの時期は、機能・保整力(補正力)・着心地も妥協しない、良質なブラジャーでしっかりバストケアすることをおすすめします。

年齢とバストの変化!油断禁物のブラ選びのポイント

マタニティブラを選ぶポイントと「年齢にあったブラを見つける方法」って?
source:http://www.shutterstock.com/
さらに、30代後半からは妊娠・出産が原因だけでなく、自然と体の変化も訪れます。そのため、年齢や目的にあったブラジャー選びをおすすめします。

(1)10~20代
ハリも弾力もしっかりとしたパンケーキ質のバストを持っていて、デザイン重視だったり、「谷間を作りたい」「胸を大きく見せたい」といった理想を追い求めたブラジャーを選ぶことができる時期です。

(『大人のからだは下着次第変身』より)

出産してもまだ20代という人も多いかと思います。何もしなくても、ハリのあるバストを維持できますが、妊娠・出産・授乳の変化に対応したブラジャーを使うことで、30代以降のバストも変わってくるかも?油断せず、適切なブラジャーを選びましょう。(2)30代後半~50代
パンケーキより弾力が劣りますが、ショートケーキのような柔らかな弾力のバストを持っていて、バストの生え際(バージスライン)にしっかりフィットするブラジャーを使用したほうがバストの位置が安定します。

(『大人のからだは下着次第変身』より)

ストラップは柔らかくて幅の広いタイプ、バックは幅広タイプの中でも伸縮性の高いゴム素材がおすすめです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.