子育て情報『マタニティブラを選ぶポイントと「年齢にあったブラを見つける方法」って?』

2019年4月15日 21:35

マタニティブラを選ぶポイントと「年齢にあったブラを見つける方法」って?

下着に肉が食い込むと見た目も悪くなるように思いますので注意ください。

特に、授乳後に産前と同じブラジャーを使用していると聞くこともあります。妊娠・出産・授乳をしている約2年前とは状況が異なりますので、買い替えることをオススメします。

さらに年を重ねると、プリンのような柔らかな肉質になり、皮膚もより敏感になったり、締め付けが不快に感じたりするようです。
まずは、今の年齢にあったブラジャー選びで、バストのエイジングを遅らせたいですね!

“現役エステティシャンで3人ママ”からのアドバイス

先ほどもお伝えしましたが、筆者の場合は3人目の妊娠で失敗をし、さらに、年齢が35歳だったこともあり、すでにプリンのようなとろけそうなバストになってしまったようにも感じています。

2人目の授乳期が終わる頃までは、あまりバストの変化が見られなかったのは、年齢だけでなく、ブラジャー選びと使用に真剣に向き合っていたからかなと、今になって思いますが、手遅れです……。

筆者のサロンは特別なバストケアは行っていませんが、お客様でも、バストを気にされる方は比較的多くいらっしゃいます。皆さん、20代の頃のような弾力あるバストを求めている人が多いです。

大きさではなくバストの形や弾力は、お肌の弾力以上にキープするのが難しいです。さらに、復活させることもお肌より難しいと、エステティシャンの目線で感じています。

見えないところですが、ボディラインは洋服を着たときのカッコよさやキレイさを増しますので、少し先の自分のために、マタニティーライフを送りながら、子育てをしながら、自分のバストケアもしてみてくださいね!

【参考・画像】
※ RIEMI、林カオリ『変身 大人のからだは下着次第』(2019) – ブイツーソリューション
※ Pindyurin Vasily、PHB.cz (Richard Semik)、Kovalenko Elena /Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.