子育て情報『お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?』

2019年4月21日 21:41

お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?

目次

・子どもにとってのお出かけは大人とは別次元!?
・渋滞・人混みの中にいる子どもの心理とは
・お出かけの際、気をつけたい3つのこと
お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?
source:http://www.shutterstock.com/
お出かけシーズン到来。連休中に、家族で外出をするご家庭も多いでしょう。

そこで今回は、外出時、人混みの中にいる子どもの心理や家族のお出かけで気をつけたいことについて、心理学的な視点から佐藤めぐみさんにお話しいただきます。

お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?


子どもにとってのお出かけは大人とは別次元!?

パパやママにとってのお出かけと、小さい子にとってのお出かけは、求めるものや得るものが違ったりします。大人は外出時、以下のように感じることが多いのではないでしょうか。

・いい景色を見たい

・美味しいものを食べたい

・話題のスポットに行ってみたい

そして、それらを「子どもたちにも経験させたい」と思ったりします。

お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?
source:http://www.shutterstock.com/
しかし、肝心の子どもたちは、そんなパパやママの思いとは全く別の次元で楽しんでいることって多いですよね。

“テレビで見た話題のスポット”に行っても、やっていたのは足元に転がっていた石ころ集めとか、段差からの繰り返しジャンプとか、これじゃあいつもの公園と何も変わらない……?なんて感じたこともあるのではないでしょうか。

渋滞・人混みの中にいる子どもの心理とは

「子どもって大人とは視点が違うな」と感じることはしばしばですが、お出かけでもそのように感じさせる行動が多いはずです。

それもそのはず。一度、お子さんの目の高さに合わせて、歩いてみてください。

人ごみであれば、見えるのは大人の足だけ。

渋滞であれば、窓から見える空だけ。

しかも、自由に身動きは取れないし、電車や飛行機の中であればお口にチャック……。

これでは飽きる気持ちも分かりますし、ぐずりたくもなります。特にお出かけに伴う移動は、子どもにとって苦痛なものになりかねないのです。

お出かけの際、気をつけたい3つのこと

お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?
source:http://www.shutterstock.com/
「せっかくの連休だから、どこかに連れて行ってあげたい」

そんなとき、親はなんとなく遠くに行ったり、行ったことがない場所に行った方が、満足度が高いお出かけになる気がしてしまいます。

でも、これは親の心理であって、お子さんはもっともっと単純なことを望んでいるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.