子育て情報『【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選』

2019年5月6日 21:40

【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選

目次

・絵本の世界から子どもが得られるもの
・「2歳のわが子へ読んで良かったおすすめ絵本」5選
【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選
source:https://www.shutterstock.com/
皆さんは子どもに“絵本”を読み聞かせていますか?

絵本を読むと「もう1回!」と子どもにせがまれ、エンドレスに読まされることになるため、時には面倒に感じることってありますよね。

けれど自我が出てきて、何でも反発したくなる2歳くらいの時期には、絵本が子どもとのコミュニケーションに良い影響を与えてくれることがあるかもしれません。

今回は実際に2歳児を子育て中のYunoさんに、“2歳児におすすめの絵本”をご紹介いただきます。

【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選


絵本の世界から子どもが得られるもの

絵本を読んでも、ページをいじったり破ったりしていた0歳の頃は、「絵本が子どもに良い」というのは本当なのか?と疑問をもつ時期もありました。

しかし、徐々に言葉を理解し始め、人物の表情や感情にも共感し始める2歳頃には、日常の生活だけでは感じることのできないものを、子どもは絵本の世界で多く得ているように感じました。

次の章では、筆者が実際に子どもに読み聞かせをして良かったと感じた絵本を5冊ご紹介いたします!

「2歳のわが子へ読んで良かったおすすめ絵本」5選

(1)「なかなか寝てくれない子」に寝かしつけで読みたい絵本

せなけいこ(1969)『ねないこだれだ 』福音館書店

【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選
source:https://www.amazon.co.jp/
夜の“寝かしつけ”は永遠の課題。

特に2歳くらいになると、体力もついてくるので、なかなか夜スムーズに寝てくれないのです……。

しかし、この本を読んでから「寝ない子のところには、おばけが来るぞ〜」というのが通じるようになり、「おばけ怖い怖い」と言って、じっと目を閉じてくれるようになりました。

絵も黒くて怖さが通じやすい内容になっているようで、小さな子でも分かるようです。

(2)「譲り合う気持ちや優しさ」を育てたい時におすすめの絵本

香山 美子(1981)『どうぞのいす 』ひさかたチャイルド
【2歳】イヤイヤしている子にもおすすめの 「しつけに役立つ」絵本5選
source:https://www.amazon.co.jp/
2歳くらいの子同士で遊んでいると、“奪い合い”が始まることが多いですよね。

しかし、この本は色んな動物が出てきて、何かをもらった時には自分が持っているものを相手に譲るという内容なんです。

相手に対する優しさや、譲り合いの大切さを教えてくれる絵本です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.