子育て情報『イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?』

イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?

2018年7月15日 21:30
 

目次

・▼「東京大学あかちゃんラボ」とは?何を研究しているの?
・▼「あかちゃん学」を研究する開教授にインタビュー!
・▼知育よりも大切なのは「赤ちゃんとのコミュニケーション」
イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?
Photo by It Mama
泣いているわが子を前にまだ話せない赤ちゃんとのコミュニケーションに困った経験があるママも多いのでは?

そこで今回It Mama編集部は、赤ちゃんの“発達の謎”に迫るべく、ママライターのyurinaさん&1歳4ヶ月のお子さんと一緒に、東京大学にある『あかちゃんラボ』に伺ってきました!

そして「あかちゃんラボ」の室長であり、東京大学大学院 総合文化研究科 広域システム科学系 教授の開(ひらき)教授に、「あかちゃん学絵本プロジェクト」に関する秘話も伺いましたのでご紹介します。

▼「東京大学あかちゃんラボ」とは?何を研究しているの?

「あかちゃんラボ」とは、赤ちゃんたちが発達していく過程で、感情やコミュニケーション能力、“自分”と“他人”の理解などをどのように獲得し、成長していくのかを科学的に調査・研究している研究室です。

その研究室は、東京大学駒場キャンパス内にあります。研究室はプレイルームのようになっており、赤ちゃんが遊べるおもちゃや絵本の他に、研究の際に使用する機械やモニターなどもあり、年間約300人以上の赤ちゃんが訪れているそう!

イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?
出典:あかちゃんラボ(東京大学 開一夫 研究室)
ここでの研究は、人間の認知的活動の解明およびその工学的・社会的展開を目的に行われ、研究に参加した赤ちゃんは、ママと一緒にモニターに流れる映像を見て、どのような目の動きをしているか?脳波や体温に変化はあったか?などを調べられます。

研究内容は非常に興味深く、例えば『赤ちゃんは正義の味方が好き?』というテーマの研究では、いじめっ子・いじめられっ子・いじめを止める正義の味方・いじめを止めない傍観者のキャラクターが登場するアニメーションを赤ちゃんに見せ、正義の味方と傍観者に対する赤ちゃんの反応を調査しました。

すると、赤ちゃんは正義の味方を好むという結果に!さらに複数の調査結果からは赤ちゃんは、いじめを止めるキャラクターを正義の味方として認識していることも確認したそう!

他にも、下記のようなものがテーマになっています。

●赤ちゃんも他人の顔色をうかがう?
●ホルモンが親子の絆を強くする?
●赤ちゃんは人間とアンドロイドを区別できるのか?
●お母さんのアイコンタクトは子どもの運動学習を助ける?
―『ひらきけん通信』より

「あかちゃんラボ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.