子育て情報『専門家が伝授!一人っ子を「わがまま」に育てないための秘策とは』

2019年8月21日 21:45

専門家が伝授!一人っ子を「わがまま」に育てないための秘策とは

目次

・兄弟がいることのメリット4つ
・一人っ子は「わがまま」になると言われる理由
・一人っ子には「縦割り保育」がおすすめ!
専門家が伝授!一人っ子を「わがまま」に育てないための秘策とは
source:http://www.shutterstock.com/
一人っ子はわがままになるとか甘えたさんになるといった声をよく聞きますよね。

しかしその声に「2人目がほしくても、やむなく一人っ子になっているのに……」と思っている方もいるかもしれません。

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本と欧米双方の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴さんに、一人っ子をわがままにしない保育方法についてお話をうかがいました。

専門家が伝授!一人っ子を「わがまま」に育てないための秘策とは


兄弟がいることのメリット4つ

兄弟がいると、なんでも自分の思い通りにはなりません。

これは、一見デメリットのようですが、思い通りにいかないことで社会性や協調性、思いやりの気持ちが育まれ、社会に出た時に役立つ“たくましく生きる力”になると思います。

具体的には、以下のようなメリットが考えられるのではないでしょうか。

(1)自己主張の必要性を知ることができる

専門家が伝授!一人っ子を「わがまま」に育てないための秘策とは
source:http://www.shutterstock.com/
自分がしたいことを兄弟に邪魔されたり、おもちゃをとられたりすることで、他に人間がいれば、自分の思い通りにはならないことがわかります。

そのため、「自分がしたいことや欲しいものははっきり主張しなければやっていけない」と、自己主張することの必要性を知ることができます。

(2)問題解決能力や忍耐力が身につく

例えば、おもちゃを取り合ってケンカになってしまった場合、「どうしたらおもちゃを使うことができるのか」という問題を解決する力が身につきます。

それと同時に、物には数や量に限りあるので、分かち合わなければならないということも学びます。時には思い通りの結果にならないこともあるでしょう。そこで我慢することで忍耐力も身につけることができるのです。

(3)潔さと寛容さが育まれる

ケンカをした時、もしも自分の主張が間違えていたら潔く非を認め、相手に謝罪しなくてはなりません。また、相手が潔く謝罪してきた場合は相手を許す寛容さを持つことが必要です。(4)相手の気持ちに立って考えられるようになる

兄弟で意地悪をしたり、されたりすることで、意地悪をする人、される人の両方の気持ちがわかるようになります。

そのため、困ったときは人を助けてあげることができる思いやりの気持ちが育ちます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.