子育て情報『【著者インタビュー】お母さんのための「くじけない」男の子の育て方とは?』

2019年9月10日 21:35

【著者インタビュー】お母さんのための「くじけない」男の子の育て方とは?

【著者インタビュー】お母さんのための「くじけない」男の子の育て方とは?
出典:https://www.amazon.co.jp/

ママにとって、異性でもある男の子を育てるのって、本当に未知の世界ではないでしょうか。

3歳くらいになると男の子と女の子の特徴が明確にわかれてきませんか?女の子はママの言うことをちゃんときくのに、うちの子は……なんて経験をしているママも少なくないはずです。

そこで今回は、It Mama編集部が『お母さんのための「くじけない」男の子の育て方』の著者で3人の男の子のパパでもある小崎泰弘さんに男の子育児についてインタビューしてきましたのでご紹介します!

【著者インタビュー】お母さんのための「くじけない」男の子の育て方とは?
出典:https://itmama.jp/

ズバリ!男の子は今を生きる「動的」生き物!?

―――3~5歳の男の子に共通した特徴はありますか?

小崎さん:ズバリ“行動が荒い・がさつ・声が大きい”ではないでしょうか。この3つは、つまり“動”のイメージです。もちろん全員がそうではないのですが、女の子と比べてこの傾向が強いと思います。因みに私の3人の息子も例外ではありません。

なるほど。小崎さんの著書のなかでも「世界を救うのは僕だ!見えない敵があちこちに」の項目では、「アチャー」「えい、ヤァー」と大声で叫びながらキックやパンチで宙を切っている……ということが書かれています。

これはまさに“男の子あるある”!多くのママが頷いている姿が目に浮かびます。

次に、こちらも代表的な男の子あるあると思われることについて質問してみました。

―――「今日保育園(幼稚園)で何して過ごしたの?」と聞くと「忘れた」という答えが返ってくるという話を男の子ママからよく聞くのですが……。

【著者インタビュー】お母さんのための「くじけない」男の子の育て方とは?
出典:(c)まきえりこ

小崎さん:男の子は基本的に過去のことは覚えていません。なぜかというと男の子は“今、この瞬間”が全ての生き物なのですから!

ママは「幼稚園で○○して、△△して、こうでああで、僕はこうで、とっても面白かったんだよ!」というような、ドラマティックなストーリーを都合よく聞きたいと思うのでしょうが、今しか生きていない男の子にはうまく説明できないのです。 

―――それでもママ達は、わが子の園での様子を知りたいのです!

小崎さん:もし、保育園(幼稚園)で何をしたのかをわが子の口から聞きたいのであれば、朝から時系列で順にお話を聞いてみるのが比較的効果的ですよ!子どもと一緒に“今日のできごと”というお話しの世界に入り込むイメージです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.