子育て情報『参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識』

2019年9月24日 21:35

参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識

目次

・七五三の意味って知ってる?
・参拝の衣装は「着物」であるべき?
・神社のルールや考え
参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識
出典:https://yoko.kuppo.jp

11月は、七五三の季節ですね。かわいい子どもの晴れの日をどんな形で迎えようかと、今の時期からあれこれ考える時期になりました。

本来、七五三は11月15日に参拝するものですが、混雑なども考慮し早いと9月から、撮影においては、オールシーズン対応する写真館も増えてきているそう。

撮影内容も、和装、洋装と何通りかのパターンで撮影する家庭が多く、その流れもあってか、参拝に訪れる子どもの姿にも、変化が見られるようになってきているようです。

今回は娘さん2人がダブルで七五三を迎えるという佐藤さんに、七五三についてお話しいただきます。

参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識


七五三の意味って知ってる?

七五三の意味を改めて見てみると、それぞれ、子どもが大人になるための段階を与えているように思います。成長の証、社会の一員になるためのステップになっています。

3歳(男子・女子)……髪置き(かみおき)の儀式

頭髪を伸ばし始める

5歳(男子)……袴着(はかまぎ)の儀式

初めて袴を着用する

7歳(女子)……帯解き(おびとき)の儀式

着物の帯を使いはじめる。

(※1)浦幌神社HPより

参拝の衣装は「着物」であるべき?

参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識
source:https://www.shutterstock.com/

七五三のお参りと聞くと、子どもは着物を着ている姿を思い浮かべる人が多いですよね。

ところが最近では、特に3歳の幼い子どもに着物を着せて出掛けることは負担になると懸念され、男の子も女の子もフォーマルな洋装姿が多くなりました。

筆者の上の子が三歳のとき、七五三の参拝では5組中1組くらいは洋装だったように思います。

女の子は清楚なワンピース、男の子はスーツが多かったです。

最近では、女の子は撮影の流れからかドレスで参拝に行く子もいるそう。

これには世間も賛否両論があり、「正装とは言えない」や「コスプレなのでは?」という声が上がっている一方で、「子どもが喜ぶ」「脱ぎ着が簡単」「安く済む」などの声もあります。 

神社のルールや考え

参拝を知らない親もいる…!? 最近の「七五三」常識・非常識
source:https://www.shutterstock.com/
実は近年、七五三は写真撮影のイベントだと思って、参拝することを知らない親が増えているそうです(※2)。

七五三は、神様に子どもの健やかな成長を感謝し、ますますの成長をお願いする行事。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.