子育て情報『イライラする私は母親失格…?「イヤイヤ期の乗り越え方」5つ』

2019年9月22日 21:45

イライラする私は母親失格…?「イヤイヤ期の乗り越え方」5つ

目次

・Q:ママがイライラしてしまう本当の理由って?
・Q:イライラが収まらない…!そんな時、どうすればいいの?
イライラする私は母親失格…?「イヤイヤ期の乗り越え方」5つ
出典:https://itmama.jp/

筆者の娘も2歳近くなって「イヤ、ダメ」を連発するようになり、とうとう“イヤイヤ期”に突入しました。

目の前で繰り広げられるわが子のイヤイヤに、イライラしてしまうのも仕方のないことと感じてしまいます。

とは言え相手は可愛いわが子……。強い口調で叱ったり勢い余って叩いたりしてしまったら、あとで自分を責め、自己嫌悪に陥ることになりかねません。

そこで今回は2歳の子のパパであり心理カウンセラーの西たかおさんに、イヤイヤ期のわが子に対して、“ママのイライラが収まらない時の対処法”を伺いましたのでご紹介します。

イライラする私は母親失格…?「イヤイヤ期の乗り越え方」5つ


Q:ママがイライラしてしまう本当の理由って?

イライラする私は母親失格…?「イヤイヤ期の乗り越え方」5つ
souce:https://www.shutterstock.com
出典: It Mama(イットママ)
イヤイヤ期を成長の視点から表現すると「他人との距離感を学ぶ時期」です。

子どもは自分のやりたいことがハッキリしてそれを実現したい、強要されたくない、その精一杯の意思表示が“イヤイヤ”なのです。

つまりイヤイヤできるほどに成長したということで、本来は成長を実感できる喜ばしいことなのですよ。

気持ちに余裕がある時は寛大な目で見守り、相手目線で考えて伝え方を工夫するなどできるかもしれませんが、どうしてもイライラしてしまうこともあります。

その理由はとてもシンプル。忙しすぎて余裕がなく、イライラしやすい状態になっているのです。

余裕のない時ほど、自分をコントロールする力が低下しているなと感じることはありませんか?

「◯◯してくれない」「◯◯された」と被害感情を抱きやすくなり、ものごとをありのまま見ることができなくなりますよね。

ですからイライラが収まらない時は、ママ自身がイライラを抑えきれないくらい余裕をなくしていることを自覚せねばなりません。

Q:イライラが収まらない…!そんな時、どうすればいいの?

イライラが収まらないという相談には以下の5つについてアドバイスしています。(1)自分のための時間を持つ

自分のための時間を持てていないことがイライラに拍車をかけることがあります。

自分はやりたいことができずにいつも欲求不満。それなのに子どもやパートナーの要求に答えないといけない……。これでは不公平でイライラするのも無理もありません。

ですので、1日のうち数分でも自分のためだけの時間を持ってください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.