子育て情報『【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!?』

2019年10月14日 21:45

【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!?

目次

・30代の平均貯蓄額「613万円」、世帯年収800万円台の年間貯蓄額「99万円」
・世帯年収1千万円超・共稼ぎ夫婦にありがちな無駄使いは「使途不明金」!?
・支出が多く、貯蓄ができないBさん夫婦タイプの特徴
・支出をセーブ、がっつり貯めたAさん夫婦タイプの特徴
・Bさんファミリーの家計が改善したおすすめの貯蓄法とは?
【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!?
source:https://www.shutterstock.com/
「貯めなきゃ」と思いつつ、なかなか貯蓄ができない。なにかと出費の多い子育て世代には共通の悩みですよね。

まわりの同世代家庭はどうやって貯めているのでしょうか?

今回は、年間100件の家計診断を行っているファイナンシャルプランナーの平井さんに、世帯年収別の平均貯蓄額と賢い貯蓄方法をご紹介いただきます。

【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!?


30代の平均貯蓄額「613万円」、世帯年収800万円台の年間貯蓄額「99万円」

総務省家計調査によると、ファミリー世帯の平均貯蓄残高は、20代(平均世帯年収490万円)が307万円、30代(平均世帯年収631万円)が613万円、40代(平均世帯年収736万円)が1,040万円となっています。(※1)

1年間あたりの貯蓄額をみると、世帯年収500万円台の家庭では年間約39万円、世帯年収600万円台は年間約72万円、世帯年収800万円台は年間約99万円を預貯金に回している結果です。(※2)

あくまでも平均データですが、わが家の貯蓄額は平均と比べて多いのか少ないのか、一つの目安にしてみてはいかがでしょうか。

世帯年収1千万円超・共稼ぎ夫婦にありがちな無駄使いは「使途不明金」!?

【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!?
source:https://www.shutterstock.com/
ここまでは、あくまでも平均の話。筆者が日ごろ家計診断をしていると、同じような家族構成・世帯年収でも、貯蓄や生活費の金額は家庭によって実にまちまちです。

具体例をあげます。

夫婦と子どもの3人家族・世帯年収1千万円という2組の家族がいました。いずれも共稼ぎです。

●Aさんファミリー

非常に質素な生活ぶりで月の生活費は20万円。年間貯蓄額はなんと250万円という驚異的な数字でした。

●Bさんファミリー

日頃から外食やレジャーを頻繁に楽しんでおり、月の生活費は50万円にも及びます。生活費の他に、住居費や教育費もかかっているので、相当リッチな生活ぶりでしたが、本人たちは「自覚がない」と苦笑い。相談に来るまでは月にいくら使っているかも分かっていない状況でした。

診断の結果、生活費50万円のうち、金額が確かな水道光熱費、携帯代、給与天引きの昼食代を差し引いた残り40万円は“使途不明金”だったのです。

貯蓄もほとんどできていませんでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.