子育て情報『関東版住みたい街ランキングTOP10!コロナ禍でどう変化した?調査結果発表』

2020年9月29日 10:30

関東版住みたい街ランキングTOP10!コロナ禍でどう変化した?調査結果発表

目次

・あなたはどこに住みたい?
・急浮上は流山おおたかの森!
関東版住みたい街ランキングTOP10!コロナ禍でどう変化した?調査結果発表
出典: shutterstock
新型コロナウイルスで大きく変わった生活。そして、私たちの価値観にも変化をもたらしています。今まではフィジカル空間が当たり前だったのですが、サイバー空間への移動を余儀なくされました。その中で暮らしたい場所にも変化が見られています。今回は、関東版住みたい場所ランキングの発表です!

あなたはどこに住みたい?

株式会社groove agentが、新型コロナウイルスの流行により住みたい場所がどう変化したか20〜40代のファミリー層1,000人を対象としたアンケート調査しました。

急浮上した場所はどこなのか?やはり生活に便利な都心が人気なのか?どう変化したのかさっそくご紹介します。

コロナ禍でどう変化した?住みたい場所ランキングTOP10
1位:横浜(京浜急行本線)

2位:吉祥寺(JR中央線)

3位:流山おおたかの森(つくばエクスプレス)

4位:鎌倉(JR横須賀線)

5位:恵比寿(JR山手線)

6位:中目黒(東急東横線)・町田(小田急線)

7位:柏(JR常磐線)

8位:大宮(JR京浜東北線)・つくば(つくばエクスプレス)

9位:みなとみらい(みなとみらい線)

10位:浦和(JR京浜東北線)

出典:PRTIMES

急浮上は流山おおたかの森!

コロナ後に急浮上してきたのは、千葉県にある流山おおたかの森です。(コロナ前は49位)流山おおたかの森は、自然や商業施設、小児科、皮膚科、心療内科などの医療体制も整っておりファミリー世帯が続々増えているとのこと。都心まで(浅草)19分、秋葉原は25分と乗り換えなしで行けるのも人気の一つだと思われます。

また、アンケートで都心に住みたくなった?郊外に住みたくなった?との質問には、「都心に住みたくなった:9.8%」、「郊外に住みたくなった:28.1%」、「変わらない:62.1%」との結果になりました。

新型コロナウィルス感染症の流行でテレワークが普及したこと、都心での暮らしが不安だったり、暮らしにくさを感じた影響が少なからずあるようです。

アンケート概要
調査の方法:webアンケート方式

調査の対象:20〜40代のファミリー層
有効回答数:1,000名

調査実施日:2020年8月24日〜25日

調査主体:株式会社groove agent(ゼロリノベ )/コーポレートサイト

出典:ゼロリノベ調べ

画像:(C)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.