子育て情報『なぜなぜ期の対応が重要?将来「言われなくても勉強する子」に育てる方法』

2018年8月4日 21:15

なぜなぜ期の対応が重要?将来「言われなくても勉強する子」に育てる方法

目次

・▼子どもはどうして勉強しないの?
・▼知識欲が旺盛な“なぜなぜ期”を逃さないこと
・▼無理に興味を引き出そうとするのはNG
なぜなぜ期の対応が重要?将来「言われなくても勉強する子」に育てる方法
source:http://www.shutterstock.com/
いつの時代も親の悩みのトップは「勉強しろといくら言っても勉強をしない」ということではないでしょうか。

でも、そうなってしまった原因は子ども自身にあるのではなく、むしろ乳幼児期のママの何気ない対応だったりするんですよ。

まだ2~3歳の子どもでも、あと3年もたてば小学生です。小さいお子さんがいるママも他人ごとではありませんね。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“言われなくても勉強する子”に育てる方法をお話しします。

なぜなぜ期の対応が重要?将来「言われなくても勉強する子」に育てる方法


▼子どもはどうして勉強しないの?

子どもはなぜいくら言っても勉強しないのでしょうか。その答えはズバリ!勉強したくないからです。言われなくてもわかることですよね。

では、なぜ勉強したくないのでしょうか。

基本的に人間は興味、関心がないことを知りたいとは思いません。勉強に興味がないということは、“知らないことを知りたい”という気持ちが薄いということです。

それでは、なぜ勉強することに興味が持てないのでしょう。その原因は幼児期にまでさかのぼります。

▼知識欲が旺盛な“なぜなぜ期”を逃さないこと

2、3歳の子どもは特に“知りたい”という知識欲旺盛な時期です。

「なんであの人帽子かぶっているの?」「なんで葉っぱは緑なの」と、ありとあらゆるものに疑問を持ち、なぜ~?としつこく聞いてきます。

なぜなぜ期の対応が重要?将来「言われなくても勉強する子」に育てる方法
source:http://www.shutterstock.com/
時間や気持ちに余裕のある時は丁寧に教えてあげるかもしれません。しかし、夕飯の支度やママ友ともおしゃべりを楽しんでいる時は、いちいち答えるのが面倒になりますよね。

そしてつい、「ママは帽子をかぶっている人じゃないからわからない」とか、「葉っぱは緑って決まっているの!」といった、答えになっていない答え方をしてしまいます。

これらは答えてあげるだけまだいいほうです。ひどくなると「うるさいわね!いちいち聞いてこないで!」「そんなこと子どもなんだから知らなくていいの!」と言って、質問に答えることすらしないケースもあります。

こんな風に返されると、子どもは「ママに何を聞いても無駄。もう質問するのはやめよう」と思うようになり、“知らないことを知る”ことに興味を持てなくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.