子育て情報『Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選』

2018年8月15日 21:35

Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選

目次

・▼渋滞で困った!ママたちの育児あるある
・▼長時間の渋滞に備えて!工夫できるポイントは?
Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選
source:http://www.shutterstock.com/
世間ではお盆休みも終盤。NEXCO中日本が発表したお盆期間の高速道路における渋滞予測によれば、Uターンラッシュのピークは、8月14日~15日とのことです。(※1)

渋滞中は車内の子ども達のぐずりがつきものなので、小さな子どもを持つママにとってかなりきついもの。

そこで今回は、2児のママである筆者が、渋滞の時にママが知っておきたい対策についてお伝えします。

Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選


▼渋滞で困った!ママたちの育児あるある

実際に渋滞にはまってママたちが体験しがちなお悩みをご紹介します。

(1)チャイルドシートでグズリMAX

チャイルドシートが嫌いな子は多いと思いますが、車が動いていれば走行時の揺れで眠くなっていつのまにかスヤスヤ寝ていることもあります。

しかし、渋滞で車が動かないとそうはいきません。寝られないし、身動きがとれないことでご機嫌ナナメに……。

Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選
source:http://www.shutterstock.com/
(2)ウンチの臭いが車内に充満

渋滞にはまると次のサービスエリアでオムツを替えようと思ってもなかなかたどり着けず……仕方なく車内でオムツを替えたものの“ウンチの臭い”が車内に充満!

だからと言って窓を開けるのは暑すぎて無理!サービスエリアまで臭いとの戦いに……。

(3)あせもや日焼け、体調不良でぐずぐず

長時間車に乗っていると車酔いなどから体調が悪くなることも。しかも、真夏の車内は直射日光が入り、チャイルドシートで固定されている子どもが日焼けしやすい状態です。

太陽が当たっていることで、あせもを引き起こしてしまうことも。体調不良や、あせもで身体が痒くなると子どもの機嫌は一気に悪くなります。

▼長時間の渋滞に備えて!工夫できるポイントは?

やはり車内でママが一番困ることは“子どものぐずり”です。

筆者は以前東京~名古屋の長距離を夜中に出発して車で移動したのですが、普段夜寝ている時間に車に乗せると、割と寝ていてくれますし、渋滞も回避できるので一石二鳥です。夜中に出発できない場合は、お昼寝時間に合わせて出発すると良いと思います。

Uターンラッシュがピーク! 長~い渋滞の「子どものぐずり対策」3選
source:http://www.shutterstock.com/
また、渋滞にはまることを想定して準備しておきたいグッズをご紹介します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.