子育て情報『災害のとき本当に必要なモノは?家庭内備蓄の「超基本」まとめ』

2018年9月1日 21:15

災害のとき本当に必要なモノは?家庭内備蓄の「超基本」まとめ

目次

・備蓄は「常に使うもの+非常時に必要なもの」が基本
・基本的な家庭内備蓄品リスト【常に使うもの編】
・基本的な家庭内備蓄品リスト【非常時に必要なもの編】
・上記以外であると便利な家庭内備蓄品リスト
災害のとき本当に必要なモノは?家庭内備蓄の「超基本」まとめ
source:http://www.shutterstock.com/
あなたの家には、いざというときのための”備え”がちゃんとできていますか?

もしできていないなら、東日本大震災直後のスーパーの様子を思い出してみてください。スーパーの棚に商品がほとんどない状態でしたよね。

災害によって物流がストップすると、このようなことも起こりうるのです。とくに当時は、長く置いておけるカップラーメンやペットボトルの飲料水などは手に入らなくなっていました。

よって、災害にあったとき、自宅に危険がなければしばらくは生活できるように食料などを備えておきたいところ。

今回は、It Mamaライターの島津優理子さんが、もしものときのための”家庭内備蓄の基本”について、NPO法人 日本防災士会/防災士会みやぎの防災士でママでもある佐藤美嶺さんに聞いた内容をもとにご紹介したいと思います。

(2013年10月26日の記事を再掲載しています)

備蓄は「常に使うもの+非常時に必要なもの」が基本

佐藤さんは、「災害時、小さい子どもを連れての避難所生活はとても大変です」と言います。そのため家が無事であれば、自宅の備蓄で1週間くらい生活ができるようにしておくことを推奨されています。

けれども、1週間分の貯蓄となると保管場所も必要ですし、お金もかかります。また、「そもそも備蓄って何をしたらいいのかわからない」という方も多いと思います。

知識に自信がないときは、ざっくり“常に使うもの+非常時に必要なものを揃えよう”と考えてみましょう。

基本的な家庭内備蓄品リスト【常に使うもの編】

以下に、佐藤美嶺さんから教えていただいた具体的な備蓄をリストアップしていきます。

◆一週間ぐらいあるといいもの

・水(3リットル×3日×人数分)
・食料(非常食3日分)
・ミルク
・おむつ(上記のミルクとおむつは赤ちゃんがいる場合)

◆自宅にあると便利なもの

災害のとき本当に必要なモノは?家庭内備蓄の「超基本」まとめ
source:https://www.shutterstock.com/
・常備薬
・処方薬(とくに処方薬は切らさないように少し多めに持っておくといいです)
・おしりふき
・除菌シート
・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・生理用品
・母乳パッド
・缶切り
・マスク
・大小ビニール袋(トイレ用に大きな不透明な袋も用意しておきましょう)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.