子育て情報『「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割』

2018年9月14日 21:30

「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割

目次

・不妊の原因の約半分が男性。でもそれを知っている男性は…?
・男性が検査を受けない理由は?
・現実を見つめて、じっくり夫婦で話し合いましょう
「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割
source:https://www.shutterstock.com/
子どもが欲しい。でも、できない。不妊の悩みを抱える女性は沢山います。

「不妊」というと、主に女性に原因があると考えられがちですが、実際には不妊の原因の約半分は男性にあるといいます。ですから、不妊の解決のためには、夫婦一緒に治療を受けるのが早道ですが、実際にはうまく協力を得られないこともあります。

今回は、株式会社リクルートライフスタイルの調査発表資料(※1)を基に、不妊原因に対する男性の知識や不妊治療に対する意欲がどうなっているかをご紹介します。

不妊の原因の約半分が男性。でもそれを知っている男性は…?

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊の原因が女性のみにある場合は全体の41%です。それに対して、男性のみに原因があるのは24%、男女両方に原因がある場合も24%、つまり合わせて48%の原因に男性が関わっているということです。

「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割
source:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000728.000011414.html
これだけ高率ならば、不妊治療を行う際には女性だけでなくパートナーの男性も一緒に行った方がいいのは明らかです。

しかしながら、「全国の将来子どもが欲しいと思っている20歳〜49歳の男女5,644名(男性2,819名、女性2,845名)」に対する調査によると、「不妊の原因の約半分は男性側にある」と知っているのは、男性で46.4%、女性でも56.7%しかいませんでした。

「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割
source:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000728.000011414.html

男性が検査を受けない理由は?

では、実際に不妊治療のための検査を受けたことのある男性はどのくらいいるのでしょうか?

今回の調査では、「精液検査」を受けたことのある男性は全体の13.0%しかいませんでした。不妊の原因に対する知識の不足以上に、実際の検査を受ける男性の数は少ないようです。
「不妊原因の約半分は男性」という事実を知っている男性は約5割
source:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000728.000011414.html
では、なぜ精液検査を受けないのでしょうか?

その理由の1番は「自分に理由があるとは思わないから」というもので、38%と圧倒的に多かったのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.