子育て情報『『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】』

2019年1月9日 21:45

『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】

『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】
出典: It Mama(イットママ)
14万部を突破した書籍『今日も嫌がらせ弁当』をご存じの方も多いと思います。高校生の娘の反抗期をきっかけに、母がお弁当を通して娘へメッセージを送り続けた実話で、その母のキャラ弁のクオリティが話題となった本です。

この本が今年の夏に映画化されることが決定!母親役は2児のママでもある篠原涼子さんとのことで、楽しみですね!

今日は映画化を記念して、人気書籍の絵本版『きょうもいやがらせべんとう』の著者で、6歳の娘さんをもつパパ芸人のタケトさんに、絵本誕生ストーリーについてインタビューしましたのでご紹介します!

聞き手は、It Mamaでヒット連載を多くもつ、こちらもパパライターの村橋ゴローさん。

絵本『きょうもいやがらせべんとう』の制作秘話や、お弁当にまつわる子育て論など、パパ目線で繰り広げられる子育てトークを前編・後編の回にわたってお送りします!

『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】


『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】


――そもそも、芸人であるタケトさんがなぜこの絵本に関わることになったのですか?

『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】
出典: It Mama(イットママ)
これが本当に偶然の産物でして。ある日、新宿の紀伊国屋書店に行き雑誌コーナーを眺めていたんです。『fam』という、今でこそキャンプ雑誌ですが当時はパパ向けの雑誌で。当時、子どもが生まれた後ということもあり、「ママ向けの雑誌はあるけどパパ向けっていうのは珍しいなあ」と手に取り、これに出たいなあと。それで雑誌に載ってる編集部の電話番号に、すぐ電話したんです。「出たいんですけど」って。

――すぐにですか!凄い行動力ですね。

『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】
出典: It Mama(イットママ)
もう、すぐに。そうしたら電話に出たのが、編集長だったんですよ。それで「出たい」という旨を伝えたら、「売り込みは多くあるけど、直接本人がかけてきたのはあなたが初めてだ」と。これは脈アリ!?と思い、「毎月読んでます!」ってウソついたんですよ。でもその号が創刊号だったんです(笑)。でもそれが編集長に超ウケて。それがきっかけで『fam』に出るようになったんですが、その編集長というのがkaoriさんの書籍『今日も嫌がらせ弁当』の担当編集だったんです。それでかねてから絵本化のアイデアがあったらしく、俺が『fam』に出入りするようになったことから、「芸人だからストーリーも書けるだろう」と、俺に話がきたんですよ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.