子育て情報『ねんねトレーニングをする前に!「赤ちゃんの睡眠の基礎を整えるコツ」4つ』

2019年2月12日 21:45

ねんねトレーニングをする前に!「赤ちゃんの睡眠の基礎を整えるコツ」4つ

目次

・ねんねトレーニングとは?
・睡眠の基礎を整える
・土台の整え方や基礎知識
ねんねトレーニングをする前に!「赤ちゃんの睡眠の基礎を整えるコツ」4つ
source:https://www.shutterstock.com/
「赤ちゃんって眠くなれば寝るもの」

これは、筆者が最初に感じていたことです。

ところが、実際に第一子を出産して育児をしてみると、よく泣き、全然寝てくれない。

「赤ちゃんってこんなに寝ないの?」

と驚き、焦りました。

そう話す子どもの睡眠コンサルタントの小櫻さんが、実際に試したねんねトレーニングの中でまず実施されたのは、睡眠の基礎を整えることだそうです。

そこで、小櫻さんのご経験をもとに睡眠の土台の整え方をご紹介いただきます。

ねんねトレーニングをする前に!「赤ちゃんの睡眠の基礎を整えるコツ」4つ


ねんねトレーニングとは?

ねんねトレーニングって、一人で寝かせることだと思われている方も多いように感じますが、筆者は自力で寝れる力をつけてあげる、教えてあげることだと思っています。

自力で寝れるようになると、眠いときにセルフねんねが出来るようになります。

実際に、添い寝が原因で、日本を含むアジア圏の子どもの睡眠時間が短い可能性がある、という研究もされています。(※1)また、セルフねんねが出来る子は自身を落ち着かせることが出来るようになるので月齢が上がるほどに自己調整力が身に付くように思います。

泣かせるねんねトレーニングだけでなく、泣かないor泣きが少ないねんねトレーニングの方法もあるので、お子さんのタイプによってどのやり方が合うのか見極めてあげると良いでしょう。

睡眠の基礎を整える

始めに基礎(土台)を整えることが重要だと感じています。今まで様々な睡眠トラブルのお子さんを見てきた結果、自力寝を習得させたいがために、すぐにねんねトレーニングをすることはおすすめしていません。

なぜなら、睡眠の基礎を整えただけで改善されるケースがかなり多くあり、お子さんの泣きも最小限に出来ることがわかったからです。

土台の整え方や基礎知識

ねんねトレーニングをする前に!「赤ちゃんの睡眠の基礎を整えるコツ」4つ
source:https://www.shutterstock.com/
実際にすぐ出来る睡眠の基礎(土台)の整え方をみていきましょう。<1>寝室の光を遮断し、昼寝も寝室は真っ暗にしましょう

筆者の長女は少しの光にも敏感でした。そのため、遮光カーテンでは薄く光が入ってきてしまい、暗幕を使用しました。その際に暗幕と窓の隙間はマジックテープでくっつけて完全に遮光しました。

薄暗く窓とカーテンの隙間から光が漏れている寝室時と比べると、かなり昼寝の継続時間が延び、早朝起きも改善されたように思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.