子育て情報『【海外出産奮闘記#8】もっとクスリちょうだい…2人目出産「後陣痛&恥骨痛のWパンチ」編』

2019年2月26日 21:45

【海外出産奮闘記#8】もっとクスリちょうだい…2人目出産「後陣痛&恥骨痛のWパンチ」編

目次

・2人目の出産「後陣痛よこんにちは」
・「痛み止めは好きなだけ」というアメリカで
・2人目産後「恥骨痛にもこんにちは」
・痛みを順に味わう事、その意味を感じる事
【海外出産奮闘記#8】もっとクスリちょうだい…2人目出産「後陣痛&恥骨痛のWパンチ」編
source:http://www.shutterstock.com/
大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用され、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と……。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

ドタバタの海外出産後、酷寒の地ボストンでの生活から、夫の就職を機に新天地カリフォルニアに住居を移した私たち一家。暴力的なまでの空腹に苛まれた「2人目出産」についてお話した前回。

今回は、「後陣痛&恥骨痛のダブルパンチ」編をお届けします。

【海外出産奮闘記#8】もっとクスリちょうだい…2人目出産「後陣痛&恥骨痛のWパンチ」編


2人目の出産「後陣痛よこんにちは」

さて、産前・産後を通し、あまり大きな問題の無かった私です。が、2人目の出産後は驚くべき痛みに遭遇することになりました。

そのひとつが“後陣痛”です。

【海外出産奮闘記#8】もっとクスリちょうだい…2人目出産「後陣痛&恥骨痛のWパンチ」編
産まれたての次女
出典: It Mama(イットママ)
後陣痛というのは、産後の子宮収縮時の痛みのことで、1人目出産時にくらべ2人目以降痛みが強くなると言われています。

私の母は、「後陣痛なんて、陣痛に比べたら、ちゃんちゃらおかしいわよ」と言い切っていました。しかし、無痛分娩で出産し、陣痛の“じ”の字をちょろっと舐めた程度の経験しか無い私にとっては、「なにこれ!」と驚くべき痛みだったのです。

「痛み止めは好きなだけ」というアメリカで

産後でメンタルがやわになり、すぐに「痛い痛い」と泣き言を言うようになった私は、痛み止めにすぐ手を出しました。そして入院中、「ちょうだい」と言えば、ナースは痛み止めを好きなだけくれました。

ちなみに痛み止めは英語で「PAIN KILLER」と言います。何とも頼もしい響きではないですか?なんて言う風に感じるほどに、私は痛みに弱くなっていたのです。

退院時に処方された薬は2種類。“MOTRIN”と“VICODIN”という錠剤です。夫は処方箋を見て、「MOTRINだけでいいのでは」と進言してきました。しかし痛みに弱い私は「いやだ、痛いんだもん、買ってきてよ~」と強引に買ってきてもらったのが運の尽き。

VICODINには副作用があるため、退院時にナースから、「VICODINを飲んだときは、運転はしないこと。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.