子育て情報『4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?』

2019年4月4日 21:51

4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?

目次

・4月・5月のお昼寝、どういった子が多い?
・保育園でしている工夫は?
・家庭で出来ることは?
4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?
source:http://www.shutterstock.com/
4月、新入園・進級と新しい環境に変化していく時期ですね。そんな季節、子どもたちも不安とワクワクが入り混じった気持ちで迎えていることと思います。

今回はそんな入園したばかりの子どもたちの保育園でのお昼寝について、現役保育士のichiさんにお話しいただきたいと思います。

4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?


4月・5月のお昼寝、どういった子が多い?

「いや~
4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?
」と泣いて表現する子、「だっこ~
4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?
」と保育者に甘える子、お布団に入らず走り回る子など、表現の仕方は一人ひとり様々ですが、不安や落ち着かない気持ちを表現する子が多いです。

一度眠りについても、睡眠が浅くすぐ起きてしまうことも。子どもたちは食事やお昼寝など生活の場面で不安を表現することが多いように感じます。

保育園でしている工夫は?

4月・5月のお昼寝、保育園では「不安な子」をどう寝かしつける?
source:http://www.shutterstock.com/
お昼寝の時に限った話ではないのですが、複数担任の場合、新年度は保育者の中で担当を決めてより丁寧に子どもたちと関わっていくようにしています。

担当を決めるといっても、完全に関わる子を割り振っていくということではなく、クラス全体を見ながら、より丁寧に見ていく子を決めているということです。

新入園児にとっては、新しい場所・友だち・先生と”初めて”ばかり……不安になるのは当たり前です。そんな子どもたちに、少しでも早く安心してもらえるよう、特定の保育者が関わっていくようにしています。

まずは特定の保育者との関係づくりをしていきます。安心できる、信頼できる特定の保育者との関係を基盤に、他の保育者とも少しずつ関係を築いていけるようになっていきます。₍※₎

保育者は、とにかく子どもたちが安心して過ごしていけるように工夫をしています。

例えば以下のような工夫をしています。

・クラスのお部屋の環境は家庭的で温かみがあるようなものにする
・お昼寝の時、子どもたちが安心して入眠していけるように部屋の明るさに気を配る

・おもちゃなどの刺激になるものを片付けたり、子守歌を歌ったりする

・寝かしつけを行う保育者は、日中の活動で関わっている保育者が担当する

寝かしつけの方法も、その子に合わせて一番落ち着ける方法を探っていきます。抱っこがいい子は、抱っこで寝かしつけ。トントンがいい子は、トントンで寝かしつけなど。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.