子育て情報『命名前にちょっと待って!「キラキラネーム」の最新事例と両親が気をつけたいこと』

2016年11月1日 13:49

命名前にちょっと待って!「キラキラネーム」の最新事例と両親が気をつけたいこと

院長先生のも名前は“大藪(おおやぶ)”さんでした。まさか“オオヤブクリニック”とは出せなかったのでしょう。

念のため言っておくと“やぶ医者”ではありませんでした。

■実際にあった命名騒動「悪魔くん事件」

命名前にちょっと待って!「キラキラネーム」の最新事例と両親が気をつけたいこと
source:http://www.shutterstock.com/
1993年8月、昭島市で“悪魔くん事件”がありました。“悪魔”と命名した男児の出生届が不受理となった騒動です。

別の漢字で“あくま”と出しましたがこれも不受理、“亜駆君”として最終的には届け出ました。

■昔は動物の名前を付けられていた人が多かった

江戸時代は“鹿さん”、“お熊さん”と名付けられた女性は多くいて、珍しくはありませんでした。

馬は“働き者”、虎・龍は“強者”を連想させ将来像を願って命名されていた人も多かったです。元総理大臣橋本龍太郎や、もっと遡って坂本龍馬とその妻、楢崎龍(通称・おりょう)が有名ですね。

そして現在でも“虎”や“龍”の漢字が付いている人は多くみられます。

それから、キラキラネームの対極にある古風な名前で、最近は“琴乃”、“陶子”、“小春”、“雪乃”、“誠”などが挙げられ、キラキラネームの流行とはうらはらに、かえって新鮮で人気があります。

■否定的な連想をさせる名前は避けよう

さて、もし、子どもの命名するとき大事なことがあるとするのならば“馬鹿雄”、“駄子”など否定的なことを連想させる名前を付けないことです。

それから、昔は「双子が生まれると縁起が悪い」ということで“他雄”とか“外”がどちらかに付けられていたこともありましたが、今は「双子が生まれてラッキー」となりこのような文字を使う人はいませんよね。

いかがでしたか?

名前は一生ついて回ることを想定しましょう。人生80年、目の前の赤ちゃんがお爺さん、お婆さんになっている頃、時代は変わっているので、流行りの名前として“みつる爺ちゃん”、“ひかる爺ちゃん”でも違和感がなくなっているでしょう。
でも、目の前にいる赤ちゃんの可愛さにピッタリの“いちごちゃん”、“れもんちゃん”、“みるきーちゃん”などのメルヘン系の名前も「子どもがお爺ちゃん、お婆ちゃんになったときはどうなんだろう」の視野を持つことも必要かもしれませんね。

【参考・画像】

※ 2015年 キラキラネームランキング – 赤ちゃん名づけ

※ voyagerix / PIXTA

※ Stanislav Glushko / Shutterstock


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.