子育て情報『泣きのツボを知ると楽になる!多くのママが悩む「夜泣き対処」のために知っておきたい3つのこと』

2016年4月1日 23:00

泣きのツボを知ると楽になる!多くのママが悩む「夜泣き対処」のために知っておきたい3つのこと

泣きのツボを知ると楽になる!多くのママが悩む「夜泣き対処」のために知っておきたい3つのこと

赤ちゃんといえば、眠っている顔、笑っている顔、そして泣いている顔。

「赤ちゃんって、どうしてこんなに泣くんですか?大丈夫なんですか?」

夜中に、よくあるママの質問。泣くのには、メッセージがあるんです。

「メッセージって?それを知ったら夜泣きはよくなるの?」

新米ママにとって悩みは尽きません。そこで今回は、助産師である筆者が“赤ちゃんがなく理由と夜泣きの対処方法”についてお伝えします。

■赤ちゃんが発する「泣く」というメッセージ

“泣く”という行為は、悲しみ・苦しみ・喜びや痛さなどをおさえることができない時に起こるもの。

だから、「泣かせちゃってごめんね。」とママたちは辛そうな表情で赤ちゃんに声をかけます。でも、赤ちゃんは違います。泣くことで周りにいる人たちに自分の思いを伝えています。

つまり泣くことは“赤ちゃんのコミュニケーション方法”なんです。「抱っこして。お腹すいたー。うんちでたよー。」これは、欲求であって、辛いことではありません。

赤ちゃんが泣いたら、「何を伝えたいの?」を考えながら観察し、ママは笑顔で接してあげてくださいね。

■赤ちゃんの時期に育まれる「基本的信頼感」

“基本的信頼感”という言葉を知ってますか?将来、良い人間関係、その後にくる困難や試練というものを乗り越えていくための、支えや希望となるもの。自分が他者から愛され、大切にされているという感覚です。

・抱っこしてほしい時に泣くと抱っこしてもらえる。お腹が空いた時に泣くとミルクをもらえる。
・うんちが出たら泣くとおむつを変えてもらえる。
・ママを見ていたらママもこちらを見て笑ってくれる。

そんなことが基本的信頼感を育んでいきます。

■意外な夜泣きの対処法とは?

赤ちゃんは生まれると、昼夜逆転になっていることが多いです。特に、お腹の中にいた頃から夜型の子は、夜中泣いていることもしばしば。

ママの方が泣きたくなります。これも、3~4か月すると、赤ちゃんのリズムが整ってきて、夜もまとめて寝てくれるようになってきます。

「えっ!3~4ヶ月まで私眠れないの!?」

妊娠前のように、まとめて眠られる可能性は低いです。赤ちゃんはママに合わせることはできないので、ママが赤ちゃんに合わせてみてください。「ムリムリ!」と思うかもしれませんが、ママの身体はホルモンが働いて、その生活に慣れるようになっているんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.