子育て情報『5日以上の高熱や充血に注意!症状からみる「川崎病」チェックリストと対処法』

2016年4月9日 11:45

5日以上の高熱や充血に注意!症状からみる「川崎病」チェックリストと対処法

5日以上の高熱や充血に注意!症状からみる「川崎病」チェックリストと対処法

赤ちゃんがお熱を出すと、とても心配です。それが何日か続くと、ママはどんどん不安になります。それが4、5日も続いた日には気が気じゃないですよね。

赤ちゃんの高熱が続く症状を伴う病気の1つに“川崎病”があります。「なんとなく聞いたことはあるけど、どんな病気かよくわからない」というママが多いのではないでしょうか。でも、乳幼児のママなら知っておきたい病気なんです。

今回は日本人に多い、“赤ちゃんの高熱と関連の深い川崎病”を解説します。

■川崎病の「年間発症数と発症年齢」

川崎病は、1967年に川崎富作博士が発見した、乳幼児に起こる急性の全身性血管炎です。世界中で見られますが、特に日本を筆頭に東アジア人に多いのが特徴です。

原因が未だに不明であり、そのため日本川崎病研究センターによって1970年から2年に一度全国調査が行われています。

(1)男児に多い?「年間発症数」

2015年9月に発表された調査結果では、患者数は2013年1万5,696人(男9,044人、女6,652人)、2014年は1万5,979人(男9,097人、女6,882人)でした。

川崎病は1979年、1982年、1986年に大流行しました。近年患者数は増えており、2013年、2014年ともに、過去最も流行した1982年の1万5,519人を上回る患者数になっています。

秋に少なく、冬と夏に増加する季節傾向がみられ、統計的に男児の方が多いのが特徴です。

(2)3歳未満が3分の2を占める!?「発症年齢」

発症年齢は、3歳未満の割合は全体の63.5%と高く、主に4歳以下の子どもに見られ、2013年、2014年は特に生後9~11ヶ月の発症が多くみられました。

■症状からみる「川崎病」チェックリスト

次の6つの主症状のうち、5つ以上当てはまれば川崎病、4つ以下でも川崎病であることを否定できない場合は、“不全型”と診断されます。

(1)原因不明の高熱が5日以上つづく

(2)いろいろな形の発疹が全身に出る

(3)首の後ろのリンパ節が腫れ、痛がる

(4)手足が腫れたり、手のひらが真っ赤になる

(5)唇が赤くなったり、舌がいちごのように赤くブツブツになる
(6)両目が真っ赤になる

また、4つしか当てはまらなくても、冠動脈瘤ができていたら、“川崎病”と診断します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.