子育て情報『おしゃぶりは何歳まで?歯並びに影響する「おしゃぶり卒業」への着実な3ステップ』

2016年4月24日 21:15

おしゃぶりは何歳まで?歯並びに影響する「おしゃぶり卒業」への着実な3ステップ

おしゃぶりは何歳まで?歯並びに影響する「おしゃぶり卒業」への着実な3ステップ


「泣きやまない赤ちゃんに、おしゃぶりを吸わせると泣き止んだ!」

おしゃぶりを吸わせている間は赤ちゃんがご機嫌になる、そんな経験があるママも多いことでしょう。

もちろん、中にはおしゃぶりを嫌ってうけつけない赤ちゃんもいますが、おしゃぶりはおっぱいの代わりに、赤ちゃんを精神的に安定させてくれる“育児サポートアイテム”として使われています。

では、おしゃぶりはいつまで与えてもいいのでしょうか?

今回は“おしゃぶりの卒業タイミングと、卒業にむけた着実な3ステップ”について紹介します。

■おしゃぶりは何歳まで使っていいの?

日本小児歯科学会の見解では、歯並びへの影響も考えて、「遅くても乳臼歯が生えそろう2歳半までには卒業させるのが望ましい」とのこと。

しかし、おしゃぶりは赤ちゃんにとって習慣性が高く、一旦おしゃぶりを使いはじめると、今度はやめさせるのが難しいという声をよく聞きます。

筆者の息子も新生児のころから使い始め、寝る時はおしゃぶりがないと眠れない、癇癪が始まるとおしゃぶりを要求するなど、かなりおしゃぶりに頼っていました。

しかし、2歳の誕生日を機におしゃぶりを卒業することに成功しました。この経験を元に、おしゃぶり卒業までのステップをご紹介したいと思います!

■「おしゃぶり卒業」のための3ステップ

(1)おしゃぶりを使う回数を徐々に減らす

一日中使っていた場合は、日中はオモチャなどで気をそらして夜だけ使うようにするなど、徐々におしゃぶりを使う回数を減らしてみましょう。

突然与えなくなると、赤ちゃんの情緒を不安定にしてしまう原因になりかねません。

(2)「おしゃぶりは赤ちゃんのためのもの」と教える

1歳過ぎる頃からは、親が言っていることを少しずつ理解できるようになります。なぜ、おしゃぶりがもらえないのかを根気よく説明してあげることが必要です。

プライドを刺激することで「自分には必要ないんだ」と自覚させてあげるのが効果的でしょう。

例えば、筆者は街で赤ちゃんがおしゃぶりをしていたら、「○○はもう赤ちゃんじゃないからおしゃぶりはいらないね」などと息子に話しかけていました。 

(3)自らおしゃぶりに「バイバイ」をさせる

この“自ら”というのがとても大切です。

もちろん、自らバイバイした直後におしゃぶりちょうだいと言ってくることもありますが、その時は「あれ?自分でバイバイしたよね?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.