子育て情報『保育園に受かったママ達の「これからの困難」とお金を稼ぐことの意味って?』

2016年4月14日 21:00

保育園に受かったママ達の「これからの困難」とお金を稼ぐことの意味って?

保育園に受かったママ達の「これからの困難」とお金を稼ぐことの意味って?

希望の保育園に受かったという通知がきてガッツポーズをとったママ、いざ保育園がスタートし、これまで濃密に過ごしきた子どもと日中離れて過ごすようになって複雑な気持ちを抱いている方も少なくないかもしれません。

保育園に落ちて、絶望の淵に立たされているママ達もいる一方で、復帰ができたママの心もまた複雑なのです。

今日は、預け先が見つかった安堵とこの先仕事と家庭、育児を両立していく不安が入り混じった“保育園受かったママ”の複雑な心境について、ママタレントのくわばたりえさんの動画メッセージを参考にお伝えします。

■保育園初登園の日には涙、涙のワーママ多数!

4月から仕事復帰したママは、保育園の預け時間を少しずつ鳴らしていく“慣らし保育”を終えて、今週からやっと定時まで働けるようになった頃かもしれません。 これまで自宅で濃密に過ごしてきたからこそ、子どもはもちろん、ママにとっても仕事復帰後の最初の1か月は試練と葛藤の日々。

保育園で子どもが泣き叫び、ママを呼ぶ姿に背中を向け、「ごめんなー、ごめんなー」と自らも号泣したと話すのは、3児の母であるタレントのくわばたりえさん。ご自身の体験を元にYou Tubeにママへ向けてのメッセージ動画をUPし話題となっていました。

保育園に受かったママ達の「これからの困難」とお金を稼ぐことの意味って?

運よく3人を同じ保育園に入れられたというくわばたさんは、3人の入園の際に、3回とも涙を流し、「母親が子どものそばにいて成長を見守るべきじゃないのか?」と、大きな葛藤があったとこの動画の中で話しています。

さらには、くわばたさんの心をグラグラと揺らしたのが、働くことに対する厳しい声。「育児したくないから、子どもを保育園に預けるんでしょ?」「自分は子どもの方が大切なので、仕事をやめました。仕事の方をとったのですね」といった声に傷つき、自分を責めたことが何度もあるそう。

■保育園での経験が“非認知能力”を育むこともある

「働くことで、子どもが愛情不足にならないか?」なんて心配になるママもいるかもしれませんが、若手の社会学者、古市憲寿さんの『保育園義務教育化』(小学館)によれば、良質な保育を提供している保育園では、子どもが集団生活を通じ、社会性、意欲、忍耐力に関わってくる“非認知能力”を身につけられるといいいます
日本ではこれまで、多くの子どもたちは「非認知能力」を家庭や地域で身につけてきたのだろう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.