子育て情報『熊本避難所でノロ感染!? 震災「避難生活」で気をつけるべき感染症と予防策』

2016年4月19日 21:00

熊本避難所でノロ感染!? 震災「避難生活」で気をつけるべき感染症と予防策

熊本避難所でノロ感染!? 震災「避難生活」で気をつけるべき感染症と予防策

ご存知の通り、4月14日に震度7の地震に遭った渦中の熊本で、避難所においてノロウィルス患者が発生するなど、地震だけでない二次的な被害の危険性が高まっています。

モノの落下や転倒だけでなく、衛生面でも生活ハードルが高くなりはじめています。

そこで今回は、医学博士の筆者が、“妊婦はもちろん、子どもとの避難生活を送るママ・パパたちが気をつけたい感性症や、その対策・予防策”についてお話していきます。

熊本避難所でノロ感染!? 震災「避難生活」で気をつけるべき感染症と予防策


避難生活において危険な「感染症」、水不足×脱水症状という懸念も

筆者は東日本大震災において被災経験がありますが、当時もやはり衛生面において非常に問題となりました。

特に、春は気温が上がり、かつ湿度も上昇する時期ですので、菌やウイルスにとっては活動しやすい季節といえます。

菌やウイルスは人から人へと伝播してしまいますので、特に多くの被災者が生活する避難所で誰かが感染症を発症すると、感染が相次ぐ危険性が高まります。

特に今回の地震では、冒頭でも触れたようにノロウイルスによる感染症が問題となってきております。ノロウイルスは脱水症状を引き起こしてしまうこともあるために、水不足である被災地では大きな問題となることが懸念されます。

避難生活の感染の「何故」、避難生活では免疫が弱くなる

熊本避難所でノロ感染!? 震災「避難生活」で気をつけるべき感染症と予防策

避難生活では、免疫が弱くなってしまうことがあります。

一般的に、免疫系とは白血球を中心とした生体防御機構のことを指しますが、その中でも特にリンパ球と呼ばれる免疫細胞が、その中枢を担っています。この免疫系は自律神経によっても調節されています。

しかし、ストレスによって自律神経系のバランスが崩れ、“免疫系”が弱くなってしまった結果、菌やウイルスを抑えきることが出来ずに、感染症を発してしまうことも考えられます。

筆者も経験がありよくわかるのですが、避難生活をしていると、「食物も少ない、水も少ない、先が見えない」といった不安が強いストレスとなってしまうのです。

■ウイルスの感染経路を知る
避難生活では食料品が多く届けられる機会もあると思われますが、「どのように保管されていたのか?」ということを気を付けるようにしましょう。

感染経路は主に3つ挙げられます。

(1)空気感染:空気中に存在するウイルスが、体の中に入ってくるケース
(2)飛沫(ひまつ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.