子育て情報『シンガポールは子育てが楽!? 日本と違う「子連れへの優しさ」5つのポイント』

2016年5月4日 12:00

シンガポールは子育てが楽!? 日本と違う「子連れへの優しさ」5つのポイント

シンガポールは子育てが楽!? 日本と違う「子連れへの優しさ」5つのポイント

シンガポールに住む日本人ママからよく聞くのが、「子どもが小さいうちはシンガポールでの子育てが楽!」という言葉。

ところ変われば子育ての仕方も変わります。

それでは、なぜシンガポール在住ママは育児を楽と感じるのか?実際にシンガポールで子育て真っ最中のママたちの声をもとに、“シンガポールの子育てはここが楽!日本との違い5選”をご紹介したいと思います。

■シンガポールの子育てはここが楽!日本との違い5選

(1)とにかく街ゆく人々が「子連れに優しい」!

シンガポールでは、子連れで公共交通機関に乗車すると、ほぼ当たり前のように席を譲ってもらえます。

しかも、バスに乗る時など荷物がたくさんあったり、ベビーカーをたたまなければいけない時などに助けてもらったことも少なくありません。

また、仮に子どもが車内で愚図ってしまっても嫌な顔をされることはほとんどありません。

逆に、子どもに話しかけてくれたり、お菓子をくれたりとキッズフレンドリーな人がとても多いのです。

(2)ほとんどのレストランやカフェが「子連れ入店OK」

ほとんどのレストラン、カフェが子連れOKです。しかも、子ども用のハイチェアーやカトラリーセットが準備されているお店がほとんどなので、ママとしても安心して外食が楽しめます。

もちろん、最低限のマナーは必要ですが、多少赤ちゃんが泣いたり、子どもが騒いだりしても寛容に見守ってくれる人が多いのも助かります。

(3)6家族に1家族の割合!? 「メイドさん」を雇う文化

シンガポールでは、6家族に1家族の割合で住み込みのメイドさんを雇用しています。

そのため、メイドさんが子どもを散歩に連れて行ったり、外で一緒に遊んだりしている光景をよくみかけます。

シンガポールは子育てが楽!? 日本と違う「子連れへの優しさ」5つのポイント

このメイドさんのおかげで息抜きができたり、自分の時間をもてるママも多いのです。

(4)産後のママの力強い味方「産褥アマさん」!

シンガポールでは出産後1ヶ月~数ヶ月の間、産褥(さんじょく)アマさんに助けてもらうママがとても多いです。

産褥アマさんとは、新生児と産後のママの体力回復に向けたお世話をするエキスパートで、基本的に住み込みで新生児の世話はもちろん、家事などを一手に引き受けてくれます。

特に、初めての出産で不安が多い新米ママにとっては、とても心強い味方なのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.