子育て情報『幼児の10人に1人が兆候あり…!? 感情欠如する「サイコパス」7つのチェックリスト』

2016年5月7日 22:00

幼児の10人に1人が兆候あり…!? 感情欠如する「サイコパス」7つのチェックリスト

幼児の10人に1人が兆候あり…!? 感情欠如する「サイコパス」7つのチェックリスト

“サイコパス”という言葉を聞いたことはありますか?

世間を震撼させる残虐な事件の報道などで、耳にしたことがある方もいるかもしれません。とはいえ、大半は事件などを起こす人たちではありません。しかし、ある共通の特徴を持っています。

最近、オーストラリアの大学の研究により、その特徴が幼少期にも見られることが分かりました。

その研究で分かったデータとともに、“サイコパスの特徴のある子をもつ親が気をつけたいこと”をまとめてみました。

■サイコパスの定義と7つの特徴

“サイコパス”とは、「反社会的人格の一種」を意味する心理学用語。精神病質をサイコパシー、精神病質者をサイコパスと呼んでいます。 

犯罪心理学者のHare博士によると、サイコパスの人は、主に7つの特徴を持っているようです。

(1)良心が異常に欠如している

(2)他者に冷淡で共感しない

(3)慢性的に平然と嘘をつく

(4)行動に対する責任が取れない

(5)罪悪感がまったくない

(6)自尊心が過大で自己中心的である

(7)口が達者で表面は魅力的

■10人に1人の幼児がサイコパスと関連ある「CU気質」を持つ!?

これまでの研究で、大人や十代の若者の中に、“冷淡”で、“感情が欠如している”人がある程度の割合で存在することが分かっていました。

この2つの特徴は、“CU気質(Callous とUnemotionalの頭文字)”と呼ばれていて、サイコパスとの関連が強いとされています。

このCU気質は、子どもたちの中にも見られるのものなのか? 最近、オーストラリアの大学がこの実態を調査しました。

3~6歳の男女216名を対象に調査を行ったところ、約10%の子に、以下の様な傾向が見られたそうです。 

・相手の顔の表情から気持ちを感じ取ったりするのが難しい

・苦しんでいる人、悲しんでいる人に無関心

■親できる対応法、シンプルな接し方

幼児の10人に1人が兆候あり…!? 感情欠如する「サイコパス」7つのチェックリスト

3歳の段階で見られるCU気質が、大人までずっと続くのかどうかについては、まだ未知のことも多いため研究が必要とのことですが、この調査を行ったKimonis博士らは、親の接し方を改善することで、その冷たい特徴が減っていくのではと考えています。 彼らが推奨している接し方のポイントは、

・温かく接する

・子どもに寄り添う

・関わり合いを持つ

・愛情を示す

どれも基本中の基本、シンプルなことばかりです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.