子育て情報『1歳の記念にも!受診率低い…でも受けたほうがいい「1歳児健診」の目的とメリット』

2016年5月14日 20:30

1歳の記念にも!受診率低い…でも受けたほうがいい「1歳児健診」の目的とメリット

1歳の記念にも!受診率低い…でも受けたほうがいい「1歳児健診」の目的とメリット

赤ちゃんが産まれると、成長ごとに乳幼児検診が用意されています。

乳幼児健診で行政により義務付けられているのは、3~4ヶ月健診、1歳半健診、3歳健診の3つですが、実は乳幼児健診って、この他に5つ、つまり計8回あるんですよ。

「行政で義務付けられている検診以外は別に受けなくて良い」という意識のママは多いかもしれませんが、赤ちゃんの発育や栄養状態をきちんと把握するためには、行政で義務つけられている検診以外の乳幼児健診も、受けておくとなにかと安心できることが。

特に、『1歳児検診』は、義務化されている診断ではないため、受診率も低いと言われていますが、ぜひ受けておいたほうが良い乳幼児健診です。

というわけで今日は、“乳幼児健診の時期と、1歳児検診の目的とメリット”についてお伝えします。

■乳幼児健診の時期

乳幼児健診の時期は、以下のとおりです。

・1ヶ月健診 

・3~4ヶ月健診(※)

・6~7ヶ月健診 

・9~10ヶ月健診 

・1歳児健診

・1歳半健診(※)

・2歳健診 

・3歳健診(※)

このうち、後ろに(※)印がついているものは、行政により義務化されている定期の乳幼児健診です。

定期の乳幼児健診は、自治体の保健福祉センターなどで集団で行われることが多く、その他の任意の乳幼児健診は、産院や小児科で個別に受診します。

なお、1ヶ月検診については、任意ではありますが、産後のママの状態の確認も含め、赤ちゃんを産んだ産院でほとんどのママが受けます。

義務となっている定期のものは基本的に無料で、任意のものは有料になります。

任意の乳幼児健診の費用は、自治体にもよりますが、大体2,000円~5,000円ぐらいです。

これら、計8回ある乳幼児健診をすべて受けるのは大変かもしれません。

ですが、1歳児健診は、赤ちゃんが産まれてから1年となる記念の健診。成長が特に著しい時期でもありますし、任意であってもぜひ受けておきましょう。

■なぜ受けたほうがいいの?「1歳児検診」はどんなことをするのか

1歳児検診では、体重・身長測定のほか、

・栄養状態

・つたい歩き

・ひとり立ちなど運動機能の発達具合

・バイバイなどの身振り

・言葉の発達具合(大人の言うことが分かるかなど)

・周囲への関心具合やどんな遊びに興味を持っているか

などの確認が行われます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.