子育て情報『夏場よりも梅雨に要注意!赤ちゃんの“あせも”を防ぐ「布おむつ」の意外なメリット』

2016年5月18日 11:45

夏場よりも梅雨に要注意!赤ちゃんの“あせも”を防ぐ「布おむつ」の意外なメリット

夏場よりも梅雨に要注意!赤ちゃんの“あせも”を防ぐ「布おむつ」の意外なメリット

沖縄が梅雨入りし、これから連日雨の日が続く時期になりそうですね。

実はこの“梅雨”というのは1年で最も“あせも”を起こしやすい時期だということを知っていますか?

今日は、おむつなし育児アドバイザーの筆者が、“梅雨に注意したい赤ちゃんのあせもの原因と、布おむつのメリット”をお伝えします。

■汗腺が密集してる!? 赤ちゃんが「あせも」になりやすい理由

乳幼児に“あせも”が発生しやすい原因としては、汗腺の数が大きく影響しているようです。

なんと、大人も子どもも汗腺の数は、ほぼ同じ!

子どもは、大人よりも皮膚の表面積が少ないので、それだけ汗腺が密集している状態なのです。

その汗腺のまわりに炎症が生じたり、水膨れの様な症状が現れたりし、このような症状を“あせも”と呼びます。

■夏場よりも「梅雨時期」に注意!あせもの要注意シーズン

湿度が高く、ムシムシと嫌な暑さとジメジメが続く梅雨の時期は、冷房や扇風機を使うには早すぎるということで、寝ている時に汗をかきやすいのです。

また、天気が悪く布団をこまめに干すこともできないので、汗を吸った布団の中では、カビの細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

カビだけでなく、人の皮脂汚れを餌とするダニも繁殖してしまうため、肌へのストレスが多くなり、カラッとした暑さの夏場よりもあせもになる確率が高くなってしまうんだそう……。

特に、赤ちゃんは“大人の皮膚の約3分の1の薄さ”なので注意が必要です。

■おむつの密閉状態が「あせも」の原因?

夏場よりも梅雨に要注意!赤ちゃんの“あせも”を防ぐ「布おむつ」の意外なメリット

おむつなし育児アドバイザーの筆者が伝えている“おむつなし育児”とは、「おむつに頼りきらない」という意味であり、「おむつを全く使わず垂れ流しにする」という意味ではありません。

おむつなし育児をしているママたちの多くは、布おむつや、トレーニングパンツを日常使いしています。

何故かというと、まず紙おむつの“さらさら”、“ムレない”というのは、オシッコを全くしていない状態の時だけで、1度でもオシッコをすると密封状態で完全にムレムレになります。

おむつの部分だけ“あせも”になっている赤ちゃんもいますものね。

ですので、もし紙おむつを利用する場合にはオシッコをしたらすぐにおむつを替えてあげることが必須です。

■布おむつのメリットは、排泄後の不快感に「自分で」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.