子育て情報『出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」』

2016年5月20日 20:30

出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

筆者は第1子、第2子をアメリカで無痛分娩で出産し、第3子、第4子を日本の自宅で出産しています。かつて日本では助産師・産婆さんの介助による自宅出産の方が普通でした。ですが、“自宅出産”という選択肢を選ぶ事は全く一般的ではなくなっています。

出産が病院という場所で行われる事が当たり前の時代に私たちは生きていますが、出産を病院任せにして受け身の姿勢でいる妊婦さんが増えています。

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、自身の経験に基づく、“自宅出産のメリットと産後の親子関係にも影響するバースプランの大切さ”についてお伝えします。

■自宅出産のメリット3つ

(1)5分で終わる通り一遍の病院健診

出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

筆者は妊婦期は特に問題なく正常な経過であったため、病院での検診はものの5分で終わるのが常でした。

体重、検尿を提出後、ずいぶん長い間待たされた後で、通り一遍の検診。「問題ありません、なにかありますか?」と医師に問われてもうまく答えられず、何もないですとどこか味気ない気持ちで帰路につきました。

医師の顔の高さまで自分のお股を持ち上げられる内診台は毎回屈辱的で疲労したものです。赤ちゃんのエコー写真だけが、検診という灰色の世界に唯一色づく、ワクワクするものでした。

(2)気持ちも身体もほぐれる助産師さんとの自宅健診

出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

対して自宅出産は、担当助産師さんが血圧、子宮低長と腹囲をメジャーで測った後は、全身を軽くマッサージしてくれます。そこで気持ちも身体もほぐしてもらいながら、「最近足が冷えて」「前よりもそこが痛いです」「最近夫とケンカして」なんていう相談を軽い気持ちで話せます。

ものの五分で終わる病院の検診に比べ、自宅出産の検診は1時間は余裕でかかります。何も問題が無くても、です。

そんな風にして、出産と言うかけがえのない場面を共有する人との関係を作っていったのだなあ、と今では思います。介助してくれた助産師さんは、筆者にとって今でも大切な存在です。

(3)妊婦さんに合わせたオーダーメイドの自宅出産
病院はなんとも機械的で味気なく、医療機関側の都合で全てが決められています。対して自宅出産は、全てが妊婦さんに合わせたオーダーメイドです。

ちょっと昔に、桜沢エリカさんの漫画『贅沢なお産』という自宅出産を題材にした作品がありました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.