子育て情報『初めての集団健診!長時間待ち避けられない「3~4ヶ月健診」で持参すべきアイテムリスト9つ』

2016年5月26日 20:30

初めての集団健診!長時間待ち避けられない「3~4ヶ月健診」で持参すべきアイテムリスト9つ

初めての集団健診!長時間待ち避けられない「3~4ヶ月健診」で持参すべきアイテムリスト9つ

赤ちゃんが産まれると、定期的に用意されている“乳幼児健診”。

このうち、1ヶ月健診の後にある3~4ヶ月健診は、“初めての集団健診”になる場合が多く、「どんなことをするのか?」、「どんな準備をしていったらいいのか?」と、不安に思っているママもいらっしゃるのでは?

集団健診ともなると、長時間待ちは避けられず、ママにも子どもにもストレスになる時間帯も当然あるでしょう。

そこで今回は、“3~4ヶ月健診の内容と準備”についてお伝えしていきます。

■無料で受けられる「3~4ヶ月検診」はどんなことをするの?

3~4ヶ月健診は、行政によって義務つけられている健診ですので、無料で受けられます。

健診内容は、身長・体重・頭囲の計測や栄養状態などのほか、

・目の動き

・よく笑うか

・首すわりの具合

・股関節開排制限(股関節の脱臼がないかどうか)

などがチェックされます。

■正確な検査をしたい「股関節開排制限」は泣かせないことが重要

健診の内容の中に、“股関節開排制限”というちょっと聞きなれない言葉がひとつありますよね。

これは、股関節の脱臼がないかどうかを確認する検査になります。

やり方としては、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、骨盤を水平にし、股関節と膝関節を90度に屈曲して、やさしく開きます。また、左右の太ももの“シワの違い”などもチェックします。

“股関節開排制限”があると、下半身の自由な動きが制限され、股関節の発育が悪くなり、早めの治療が必要となるので、とても大切な検査となります。

赤ちゃんが泣くと力が入って正確な検査ができないため、できるだけ落ち着いた状態にしてあげることが大切になります。

■待ち時間対策も忘れないで!「3~4ヶ月健診」に持参すべきアイテムリスト9つ

初めての集団健診!長時間待ち避けられない「3~4ヶ月健診」で持参すべきアイテムリスト9つ

3~4ヶ月健診に行く場合、以下のものを準備しておきましょう。

(1)母子手帳

(2)郵送されてきた案内や記入表(あらかじめ記入しておく)

(3)健康保険証

(4)乳幼児医療証

(5)ミルク・哺乳瓶・授乳ケープなど
(6)おむつ

(7)着替え

(8)おもちゃ

(9)メモ帳とペン

“3~4ヶ月健診”は市や区の施設で集団で行うことが多く、自治体によっては待ち時間が発生し、場合によっては長時間になることも。

おむつや着替えは、1枚多めに持っておくと安心です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.