子育て情報『トラブルに発展しがち!「ベビーシッターを利用する前」に注意したい3つのコト』

2016年6月12日 21:00

トラブルに発展しがち!「ベビーシッターを利用する前」に注意したい3つのコト

トラブルに発展しがち!「ベビーシッターを利用する前」に注意したい3つのコト

子どもと過ごす毎日は楽しいけれど、たまには友達とゆっくりと食事をしたり、一人で美容院へ行ってリフレッシュしたい。ママであれば誰しも一度はそう感じたことがあるのではないでしょうか?

産後のリフレッシュだけでなく、子どもをベビーシッターに預けるワーママも増えてきています。

ただ、ベビーシッターを利用する前にはある程度の準備をしておかないと、リフレッシュするために預けたはずがなんだか疲れてしまった、ということにもなりかねません。

そこで今回は、元認可保育園園長で保育サポート事業を行いながらベビーシッターとしても活躍中の筆者が、ベビーシッターとのトラブルを避けるためにも利用の前にやっておくべき3つのポイントをご紹介します。

■ベビーシッターとのトラブルになりがち!利用前に知っておきたいこと3つ

トラブルに発展しがち!「ベビーシッターを利用する前」に注意したい3つのコト

(1)入室してほしくない部屋を明確にしておく

入室してもらいたくない部屋がある場合、ドアに張り紙をしておくことで、ベビーシッターが入室することを防止できます。

ただ、張り紙をするのは気が引けるし……という方は、ドアにオーナメントなどを掛けて、「このオーナメントが掛かっている部屋は入らないでくださいね」と伝えておけば相手にも分かりやすく伝わります。

もしも鍵の掛かる部屋があれば、貴重品などはその部屋に置いて、鍵を掛けておくと良いでしょう。

以前神田うのさんがベビーシッターから3,000万円相当の窃盗被害を受けた事件がありましたが、こういったトラブルに発展しないようにするためにも極力気をつけましょう。

(2)伝えたいことは「メモに残して」

ベビーシッターを利用する際には、事前に子どもの様子、対応方法などを記入したものを提出することが多いです。

でも、その日の体調などによって子どもの様子やその時の対応というのは異なりますよね。

「昨日から便秘で苦しそうにしている」、「今朝はあまり食べなかったから早めに昼食をあげてほしい」など。

当日、ベビーシッターが来た時に口頭で伝えようと思うと忘れてしまうことも。

面倒でも、伝えたいことは細かくメモに書いて、ベビーシッターに渡しましょう。何かあった時に言った、言わないといったトラブルにならずにも済みます。

また、エアコンやDVDなど電子機器の操作方法も簡単に書いて置いておくと、ベビーシッターとの思いがけないトラブルを防げるのでおすすめします。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.