子育て情報『「実家だから安心」というわけではない?意外なデメリットもある“里帰り出産の現実”とは』

2016年6月20日 21:00

「実家だから安心」というわけではない?意外なデメリットもある“里帰り出産の現実”とは

「実家だから安心」というわけではない?意外なデメリットもある“里帰り出産の現実”とは

待望の赤ちゃんがお腹に宿ったことがわかったときは、とても嬉しいですよね!

ママがまず考えなくてはならないのが、出産する場所です。中でも1番迷うのが「“里帰り出産”するか、しないか」ではないでしょうか。

実家が近い場合はよいのですが、遠方になるほど迷いますよね。

今回は意外と分からない、“里帰り出産”の準備や基礎についてお伝えします。

■ そもそも里帰り出産って?

里帰り出産とは、言葉の通り、実家に戻って父母の元で出産を待ち、産後も実母(または義母)に赤ちゃんのお世話を手伝ってもらう出産の形式です。

最近は、出産後に里帰りするママも多いようです。

■里帰り出産のメリット・デメリットとは?

(1)里帰り出産のメリット

・両親の心強さ

初めての出産で、パパが仕事中に陣痛が来た場合、1人で自宅から病院へ向かうのは不安も大きいものです。

また、そのまま入院になる可能性もあるため、入院セットを持って向かうことになります。実母や実父が少し荷物を持ってくれるだけで助かりますし、なにより心強いです。

・産じょく期ママはフラフラ

産院では産後3週間程度は、すぐに横になれる体勢を整えるように指導されます。その時期のママ自身の食事の支度や、赤ちゃんのお世話をサポートしてくれる人が常にいてくれる必要があります。

筆者自身は、フラフラの産じょく期に買い物に出られず、自分や家族の食事の準備が大変でした。

・「上の子」がいる場合はケアが必要

上の子がいる場合、赤ちゃん返りする場合も。産後ほど上の子のケアが必要です。

赤ちゃんのお世話はちょっとおばあちゃんにまかせて、上の子と向き合える時間があるといいですね。

・新米ママへのありがたいサポート

初めての出産では、赤ちゃんのお世話もママが慣れていません。眠い体で、おっぱいをあげたり、ミルクをあげたりとヘトヘトです。

特にミルクは哺乳瓶の洗浄、滅菌が必要なため、哺乳瓶を洗ってもらえるだけでもありがたいものです。

・母が通う必要がない

サポートしてくれる実母(義母)が自宅まで通う必要がなく、買い物や食事の支度がスムーズです。筆者自身は1人目の出産後、実母に自宅へ泊まってもらいました。実母は慣れないキッチンや環境で、ヘトヘトになっていて申し訳なかったです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.