子育て情報『なんでハイハイしないの?「シャフリングベビー」を疑った方がイイ子の特徴4つ』

2016年7月1日 23:00

なんでハイハイしないの?「シャフリングベビー」を疑った方がイイ子の特徴4つ

なんでハイハイしないの?「シャフリングベビー」を疑った方がイイ子の特徴4つ

一般的に、赤ちゃんはねんねの時期を過ぎると、寝返り、お座り、ハイハイ、つかまり立ち、つかまり歩き、あんよ、と進んでいきますが、時には、順序が入れ替わったり、飛び越したり、別の形で代用することもあります。

今日は、ハイハイの時期に見られる「シャフリング」についてお伝えしていきます。

実は、筆者の子どももシャフリングっ子でした。当時、フランスに住んでいたのですが、わが子が通っていた保育園では、シャフリングの子の方が多かったのを覚えています。

■“シャフリングベビー”って?

“シャフリングベビー”という言葉を聞いたことはありますか? シャフリングとは、英語で「shuffle=引きずる」という意味。

座ったままの姿勢で床を移動したりする赤ちゃんのことを“シャフリングベビー”と言います。

その特徴として、以下4つが挙げられます。

●ハイハイをしない

●うつ伏せの姿勢を好まない

●歩き始めは、ハイハイの子よりもやや遅れる傾向がある

●両親のどちらかが赤ちゃん時代にシャフリングをしていた

が挙げられます。

■シャフリングってよくあること? それとも問題なの?

なんでハイハイしないの?「シャフリングベビー」を疑った方がイイ子の特徴4つ

親は「赤ちゃんはハイハイをするもの」と思っているので、わが子がいきなりシャフリングをすると、心配になってしまうかもしれません。

しかし、イギリスのドーセットにある病院 Poole Hospitalの報告によれば、シャフリングは赤ちゃんの移動手段の1つで、その子の気質、環境、遺伝など様々な要素が絡んで起こることなのだそうです。

一部で、筋肉の病気や発達障害との関連も言われていますが、このようなケースはまれであり、シャフリング自体が問題というわけではありません。もしもそのようなときは、シャフリング以外にも気になるところが併存するものです。

たとえば、

・言葉の理解が遅い

・声をかけたときの反応が悪い

・手指の動きの発達が遅い

・表情が乏しい

など。

よって、シャフリングを単独で問題視し、心配する必要はありません。

■なぜ「ハイハイではなくシャフリング」を好む子がいるの?

なんでハイハイしないの?「シャフリングベビー」を疑った方がイイ子の特徴4つ

シャフリングべビーは、もともとうつ伏せの姿勢が好きではありません。そのため、ハイハイに至るまでに、うつ伏せを避ける傾向があります。必然的に、腕の力で踏ん張って、頭を挙げたり、首をもたげる機会も少なくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.