子育て情報『義両親に”預貯金額”を聞かれたらどうする?関係を一気に悪くするNG対応とは?』

2016年7月10日 23:00

義両親に”預貯金額”を聞かれたらどうする?関係を一気に悪くするNG対応とは?

まずは、上記のような聞き方で、義両親のその質問に、どんな意図があるのかを伺ってみましょう。

このような伝え方なら、義両親を嫌な気持ちにさせることなく、意図を引き出すことができます。

「なんとなく気になって」という程度のことであれば、こちらも差し障りないよう答えておけばいいし、「あんたたちの将来がとても心配で…」と、悩みや心配を打ち明けてくるようなら、たっぷりその思いを聞いて吐き出させてあげればいいのです。

悩みや不安というのは、吐き出すとスッキリして冷静に考えられるようになるもの。思いを吐き出したあとは、息子夫婦の具体的な預貯金額を聞かなくても義両親の気が済んでしまっているかもしれません。

(2)「どうしてそんなことがお知りになりたいのか、疑問だなぁと思うんですよ」

NG対応の(2)で出した、「なんでそんなこと教えなくちゃいけないんですか?」という言い方の別バージョンです。

「なんで~?」という言葉を、「どうして~」に変えるだで、ずいぶん柔らかい表現になります。また、「疑問だなぁと思うんですよ」という言葉は、「教えてください」よりも柔らかい表現になります。

“自分がどういう気持ちか”を相手に伝えながら、相手の本音を引き出すときに使える、コミュニケーションのテクニックでもあります。

義両親が本音を打ち明けてきたら、その話をしっかり受け止めてあげましょう。

いかがでしたか。

お金の話というのはとてもデリケートな部分であるからこそ、そういう質問を受けたときは、カッと熱くならず、冷静に対応することが大切です。答えるのは、義両親の質問の意図を知ってからでも遅くはありません。

義両親からしたら、いつまで経っても子どもは未熟な存在。義両親も年をとるにつれ、いろんな心配事で苦しんでいるのかもしれません。できるだけ愛を持って対応してあげたいですね。

【画像】
※ wavebreakmedia / PIXTA

【著者略歴】

※ 黄本恵子・・・3万人を超える人の悩みを解決するコーチ&カウンセラーとして活躍。2010年、その経験を活かしてコミュニケーション心理スキルを紹介する、コミュニケーションライターとして独立。一般社団法人日本聴き方協会認定シニアインストラクター・認定シニアカウンセラー。RIRA認定ルーシーダットンインストラクター。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.