子育て情報『フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」』

2016年7月11日 12:00

フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」

フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」

盛り付けがカラフルに描かれた手帳に、彩鮮やかなお弁当。

こちらは、人気“デリスタグラマー”である@kaoringo___さんのお弁当です。Instagramでフォローしていて「どこかで見たことあると思った!」というママも多いのではないでしょうか。

今回、It Mama編集部は『お弁当と常備菜のコシラエ帖腹ごしらえと下ごしらえ日記』の著者でもある@kaoringo___こと、井上佳央理さんにインタビューしてきました!

ご自身も小学生のお子さん2人のママである井上さんに、写真撮影のコツやお弁当作りで心がけていることなどを教えてもらいました。

■食材の彩を壊す「フィルター加工」は使わない

編集部(以下、編):いつも素敵なお写真ですよね。何か特別なカメラで撮っているのでしょうか?

@kaoringo___さん(以下、K):いいえ、全然普通のスマホで撮れますよ。ただ、フィルターなどの加工ではなく、明るさや影を消す機能を使います。

あまりいじりすぎず、“食材の色”を活かすことが大事だと思います。

食べ物の色は自然が一番美味しそうに見えるんです。ただカメラの明るさを調節すれば、誰でも綺麗に写真が取れるんですよ♪

編:撮り方のコツを聞きたいです!

フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」

美味しそうなサンドイッチ。こちらはIt Mama編集部のメンバーが撮影したのですが、なんだかわかりにくいかも……?

フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」

そして井上さんが撮ったものがコチラ!なんと、立体的で美味しそうなんでしょう。同じサンドイッチのはずなのに……。

K:実はちょっとしたコツがあって、スマホのズーム機能で近寄るのではなく、自分が料理に近づいたほうが綺麗に撮影できるんです。

また、立体的なごはんなどは、カメラの位置を下にして、下の方から撮ると“高さ”が出せるのでオススメです。

編:なるほど~!参考になります!

■「お弁当や常備菜は「ゆるく」作っているんです」

フォロワー7.8万人!人気“デリスタグラマー”@kaoringoさんに聞く「撮影テクとお弁当の魅力」

編:大人気のお弁当や常備菜、いつも作ったり大変では?
K:お弁当には、特別な調味料や食材はあまり使っていないかも。

手の込んだ料理もたまにするのですが……パパッと”ゆるく”作れるくらいが一番好きなんです。

常備菜は、始めたばかりの頃は週末にまとめて1週間分作っていたのですが、今は自分のライフスタイルに合わせて3日分、主にお弁当の“副菜”を週に1~2回ほど作っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.