子育て情報『子どものケガの傷跡が残らない!? 擦り傷・ヤケドに「ラップ療法」がオススメな理由とは』

2016年8月12日 11:30

子どものケガの傷跡が残らない!? 擦り傷・ヤケドに「ラップ療法」がオススメな理由とは

子どものケガの傷跡が残らない!? 擦り傷・ヤケドに「ラップ療法」がオススメな理由とは

子どもの頃に不注意で転んでしまって、肘やひざを擦りむいてしまった経験は誰しも持っていますよね。

中には大人になっても傷跡が残ってしまった……という方もいるのではないでしょうか。

しかし、今回ご紹介する“ラップ療法”を使えば、傷跡を残さずに綺麗に治すことができます!しかも薬いらずで、やけどにも応用可能です。

今回はそんな新常識の“ラップ療法”をご紹介したいと思います。

子どものケガの傷跡が残らない!? 擦り傷・ヤケドに「ラップ療法」がオススメな理由とは


■傷口を「消毒しないで」洗うだけ

擦り傷の処置の定番といえば、傷口の消毒ですよね。そしてガーゼなどをあてがい、交換するたびに消毒をしていきます。

しかし、“ラップ療法”(湿潤療法)というのは、なんとこの消毒をしません。消毒は再生しようとしている細胞にダメージを与えるため、傷口は水道水で洗うだけにします。

そして創部にラップを被せ、乾かさずに常に“湿った状態”を保ちます。再生している組織は乾燥によって死滅してしまうからです。

ラップを交換するたびに傷口を水で洗って綺麗にしますが、この時も消毒はしません。

これを繰り返すことで傷口が薬を使うことなく、綺麗に、しかも早く治すことができます。

■赤ちゃんに処置を行う場合の注意点

実は、筆者も数年前に自転車で転んで手のひらの付け根をアスファルトで怪我した時にこのラップ療法を試したことがあります。

当時は「消毒しない」というのが半信半疑でしたが、本当に早く治り、しかもまったく傷口が残りませんでした。

この治療法は赤ちゃんにも使えますが、いくつか注意点があります。

まず、切り傷など、傷が深くに達している場合は細菌が侵入する可能性があるので使えません。

また、食品用のラップは衛生的ではありませんので、市販されている患部の乾燥を防ぐタイプの絆創膏を使うと良いです。

子どものケガの傷跡が残らない!? 擦り傷・ヤケドに「ラップ療法」がオススメな理由とは


また、この治療法を試す場合は自己判断で行わず、病院を受診して医師の支持をあおぐようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

子どもに生傷はつきものですが、適切に処置することで傷跡を残さないようにできます。ぜひ選択肢の1つとして覚えておいてください。

【画像・参考】

※ VGstockstudio / Shutterstock

※ キズパワーパッド – BAND‐AID

※ カラダヨロコブログ

【著者略歴】

※ 圓尾 和紀・・・管理栄養士。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.