子育て情報『自然流産率は15%…知っておきたい「流産後の妊活」気をつけたいコト』

2016年8月9日 22:30

自然流産率は15%…知っておきたい「流産後の妊活」気をつけたいコト

目次

・流産の5つ分類
・流産後の生活で気をつけたいコトは?
・再度妊娠したら?
自然流産率は15%…知っておきたい「流産後の妊活」気をつけたいコト

ライフスタイルの多様化から晩婚化、それに伴い出産年齢の上昇といった社会的要因もあり、妊活や不妊治療に臨んでいる女性が増えています。

しかし、残念ながら妊娠したうちの約15%は自然流産すると言われています。

今回は、助産師である筆者が流産後の妊活について、お話したいと思います。

自然流産率は15%…知っておきたい「流産後の妊活」気をつけたいコト


■流産の5つ分類

22週未満で妊娠が継続できない状態になってしまうことをいいます。そのほぼ2/3は染色体の異常があることが多いようですが、ほとんどが偶然に起こるものです。連続して3回以上自然流産を繰り返す場合は習慣流産といわれます。

(1)切迫流産

流産が”差し迫っている状態”のことで、“流産してしまった”わけではありません。少量の出血や軽度の下腹痛、腰痛などがあります。

(2)進行流産

子宮頚管が開大し、流産が進行してきている状態です。出血や下腹痛が増強してきます。

(3)完全流産

完全に流れてしまった状態です。出血や下腹痛は軽減、あるいは消失します。

(4)不全流産

卵膜などがまだ子宮内に残っている状態をいいます。出血や下腹痛が持続するため、子宮内の掻把(手術)が必要となります。

(5)稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

胎児(芽)が子宮内で死亡後も症状がなく、子宮内に停滞している状態をいいます。

7週未満の場合はそのまま自然に経過をみることが多いでしょう。それ以降は超音波検査で子宮の中を確認し、掻把(そうは)が必要であれば手術をします。

手術は麻酔をして眠っている間におこなわれ、術後は軽度の下腹痛や出血があります。手術の数日後には必ず確認のため診察がありますが、その前に痛みや出血の増加がある場合はすぐ受診しましょう。

■流産後の生活で気をつけたいコトは?

自然流産率は15%…知っておきたい「流産後の妊活」気をつけたいコト

軽度の下腹痛や出血が続く場合は安静にします。仕事をしている場合、無理は禁物です。精神的にも辛い時期ですが、前述の通りほとんどのケースは防ぎようのない理由で起こるものですから、自分を責めてはいけません。次の妊娠は、多くの場合1~2回の生理を確認してからが良いといわれています。

生理がきちんとあるということは、ホルモンの分泌や子宮内の状態も良好であることを示しますので、確認の意味も込めて、2回の生理を経てからの方が安心でしょう。 但し、担当した医師の考えにもよりますが、今は1回生理が来たら可能だとも言われます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.