子育て情報『“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?』

2016年8月10日 11:00

“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?

目次

・話題の「お尻フリフリ反射」はどうすれば起こるのか?
・「ギャラン反射」でわかる!? 赤ちゃんの健康状態
“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?

産まれたばかりの赤ちゃんには“原始反射”と言って、自分の意思とは関係なく無意識に起こる反応がいくつかあります。

そのすべてが生後半年くらいにはほとんど消えてしまい見られなくなるのですが、中でも「赤ちゃんのお尻フリフリが可愛すぎる!」と動画で話題になっているものがあるんです。

実は筆者は子どもが産まれたばかりの頃にはこの反射が起こる事実を知らなかったので、試さずに終わってしまった今はとても残念……なので新生児の赤ちゃんをもつママや、プレママさんに知っておいて欲しいなという思いで、今日はその話題の“メロメロ原始反射”についてお伝えします。

“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?


■話題の「お尻フリフリ反射」はどうすれば起こるのか?

さて、こちらが話題になっている、世の中の女性の母性本能をくすぐるメロメロ動画です。

“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?

思わずぷぷっと笑っちゃいますよね?

実はこれ、お尻フリフリ反射ではなく、“ギャラン反射”というのが正式な名前。

これは、新生児を水平抱きにし、脊柱の外側に沿って上から下にこすると起こる反射で、4~6ヶ月で消失すると言われています。例えばスーっと背骨の右側をなぞると“プリッ”とお尻を右に振るんです。

左をなぞれば左に“プリッ”。これを左右連続で行うと、お尻をフリフリする感じになるから可愛くて面白いんです。

手足をびくっとさせるような“モロー反射”でさえ可愛いなと思って見ていましたが、この“ギャラン反射”を試していたら可愛すぎてきっと1日中背骨をなぞっていたかもしれません。

“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?


■「ギャラン反射」でわかる!? 赤ちゃんの健康状態

ギャラン反射は、赤ちゃんが胎内にいる時から始まっていて、体内で運動する時に使われる反射です。

このギャラン反射を繰り返すことで筋肉の緊張度を高めて、身体のバランス感覚にとって重要な“前庭組織”を刺激・発達させると考えられています。

ですからこの反応は異常どころか、むしろ必要な反応なんですね。
“お尻フリフリ”が可愛すぎる~!生後6ヶ月までしか見られない神秘「ギャラン反射」って何?

もしも背骨の外側をなぞってもお尻をフリフリしない場合、もしかすると脊髄に異常があるかもしれないそうなので、もし反応がない場合は3~4ヶ月検診でお医者さんに聞いてみると良いかもしれません。

また生後半年を過ぎてもこの反応が消えない場合も異常が考えられるようです。反応を見ることができたママはぜひ反応が消えるまで試し続けてみましょう。

いかがでしたか?

赤ちゃんの桃尻がフリフリしているともう確実にキュンキュンしちゃいますね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.