子育て情報『夜泣きがひどい子は太りやすい?母乳と粉ミルクの体重変化の違い』

2016年8月11日 06:15

夜泣きがひどい子は太りやすい?母乳と粉ミルクの体重変化の違い

目次

・母乳も完全ではない?「母乳と粉ミルク」栄養の違い
・赤ちゃんの良い太り方・悪い太り方
夜泣きがひどい子は太りやすい?母乳と粉ミルクの体重変化の違い

完全母乳で育てるか、粉ミルクも与えていくか、多くのママが悩み日々試行錯誤しているかと思います。

筆者は完全母乳で娘を育ててきましたが、1歳になった今、周囲のミルクで育った子と比べると少し小さ目のように見えます。

赤ちゃんの健康を見ていくために、“体重”というのは1つの大きなポイントです。栄養が足りていないか、もしくは栄養過多になっていないか。

今日は母乳と粉ミルクとで、体重という観点で比較してみましょう。

夜泣きがひどい子は太りやすい?母乳と粉ミルクの体重変化の違い


■母乳も完全ではない?「母乳と粉ミルク」栄養の違い

少し前の時代は、粉ミルクの方が栄養価が高いと言われていましたが、ここ最近では母乳のほうが赤ちゃんの免疫を高めてくれるなどの大きな恩恵があると言われ脚光を集めています。

特に、出産後数日間に出る母乳は初乳と呼ばれ、免疫グロブリンという物質が豊富に含まれ、赤ちゃんの身体を守ってくれる働きをします。

筆者の産院は“おっぱい合宿”と言われるほど、母乳育児に力を入れている場所だったので、やはり初乳の大切さは産後直後からたたきこまれました。

少し黄色っぽくてドロッとしているので、見た目からも栄養が凝縮されていそうな感じがしました。

ただ、実は母乳も完全ではないようです。

母乳の赤ちゃんはビタミンKが足りなくなりやすいらしく、その理由から産後すぐにシロップを飲ませます。

いっぽう、粉ミルクの栄養はと言うと、最近の粉ミルクはとても品質が向上し、母乳と変わらないくらいの栄養が含まれると言われています。

ですが、母乳に含まれる赤ちゃんを守るための免疫を高める成分はママの母乳によって分泌されるため、粉ミルクで育てると風邪をひきやすくなることもあるようです。

しかし、授乳をしていないママは食べ物・飲み物に制限が無くなるのでストレスが減るというメリットもあります。

ママが制限だらけでストレスがある生活をしているのも、赤ちゃんにとってマイナスですので、その時の自分の状態に合わせて母乳・粉ミルクを選んでいくことが必要かもしれません。

■赤ちゃんの良い太り方・悪い太り方

夜泣きがひどい子は太りやすい?母乳と粉ミルクの体重変化の違い
離乳食を始めるとぶくぶく太ってくる赤ちゃんが多いと思います。

多くの方が離乳食を5、6カ月で与えているかと思いますが、その頃ってまだあまり赤ちゃんは動かない時期なので、運動量が少なく食事は増えるという生活になることで太るのは当たり前と言えるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.