子育て情報『【妊婦さんの基礎知識連載】#3 妊娠初期 2ヶ月頃の「主なつわり症状4つ」とは?』

2016年8月16日 11:30

【妊婦さんの基礎知識連載】#3 妊娠初期 2ヶ月頃の「主なつわり症状4つ」とは?

初めての事だとパパも扱いに困って喧嘩になってしまう事もあるので、この時期はパパの器量を試される時期かもしれません。

安定期に入ってから会社に報告したいと考えていても、筆者の様につわりが重く、業務に支障があるようであれば、直属の上司のみにでも報告しておく方が良いでしょう。

■吐き気で食欲がない…そんな時は?

赤ちゃんは安定期に入る頃まで、ママの体に蓄えられた栄養で育つので、神経質になる必要はありません。しかし、水分は少しずつでもとって、脱水症状にならないようにしましょう。

初期は、食べられるものを食べられるだけ食べていればいいそうです。

■妊娠後の常用薬やサプリメントはどうすればいい?

妊娠がわかってからの薬の服用って慎重になりますが、常用薬がある方は余計に気になりますよね。

妊娠2ヶ月目は薬などの影響を受けやすく、赤ちゃんの体の主要部分形成される大事な時期なので必ず医師に指示を仰ぐようにしましょう。

サプリメントに関しては、葉酸のような赤ちゃんに良い効果が期待できるものでも説明書きに従って服用し、何か疑問がある場合には販売元に問い合わせてみて下さい。

妊娠2ヶ月頃は、つわりはあれどまだママになったという感覚になるのは難しい時期です。少しずつ起こる体の変化と共に、段々と心もママに近づいていきます。

つわりで体がツライ時は無理をせず、ゆったりと過ごしてまだまだ長いマタニティライフを楽しめると良いですね!

【参考】

※ 妊娠職の出来事 – 山本産婦人科

※ Piotr Marcinski、Monkey Business Images – Shutterstock

【著者略歴】

青木かおり・・・2歳の女の子と、7歳の男の子のママ。家族がHAPPYを感じられるように、まずは自分がHAPPYに過ごす事を意識しています!体を創る「食」の事や、心を育む「体験する・感じる」事など幅広く興味を持ち、子育てに臨んでいます。子育てをしていく中で、キャンプ、ハイキング、釣り、川や海遊び、自然教室、家庭菜園など自然の中で子供と一緒になって遊ぶ事が大好きに。現在育児真っ最中、リアルな子育て状況をお伝えしています!

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.