子育て情報『痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは』

2016年8月17日 11:30

痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは

目次

・こんなに辛いの?必ずみんな経験する「母乳トラブル」あるある
・搾乳機は必需品!おっぱいがスーっと楽になる
痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは

寝ても覚めても母乳、母乳、母乳!

そう、待望の赤ちゃんとの対面が叶った途端に始まるのが“母乳に苦労する日々”。

筆者も産後の入院中には何度も母乳育児にくじけそうになりました。

今日は「母乳育児のリアルな体験談と搾乳機の取り入れ方」を、ご紹介したいと思います。

痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは


■こんなに辛いの?必ずみんな経験する「母乳トラブル」あるある

この動画を見て、かなり共感しました。本当に“母乳は1日にしてならず”なんです!

動画の中でもママたちが口をそろえて話していますが、赤ちゃんは最初おっぱいを飲むのが下手なので、ママの乳首は傷だらけになりがちなんです。

筆者も入院中、助産師さんに24時間アドバイスをもらいながら何度も何度も赤ちゃんに上手におっぱいをくわえさせる練習をしていたのですが、2日目あたりから出血が……、赤ちゃんの口は血だらけ……。

「もう無理です~」と半泣き状態で助産師さんに泣きつきました。

痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは

臨月に入ってからは、おっぱいマッサージを毎日していたのですが、「まだまだ硬いね」と言われ、その硬さのせいで赤ちゃんが吸いにくいというのもあったようです。

赤ちゃんにおっぱいをあげるのは喜びのはずなのに、授乳の度に痛みとの戦いで滅入ってしまうのが本音。

出産の痛みのことばかり恐れていましたが、こんなに授乳が痛いとは……!想定外でした。

■搾乳機は必需品!おっぱいがスーっと楽になる

痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは

そんな授乳の戦いもピークになり、助産師さんに“搾乳”を勧められました。

搾乳機で母乳を搾って、哺乳瓶で赤ちゃんに飲ませると乳首の傷がみるみる治り始め、少しずつ楽になってきました。

ただし、おっぱいは搾乳よりも直接赤ちゃんに吸われた方が断然母乳が生成されて出がよくなるし、赤ちゃんがおっぱいを吸う方法を練習していくためにも、毎回搾乳機を使うのではなく、搾乳と直接授乳とでうまく勧めていくほうが良いんです。
痛すぎてもう無理です~!ママ&パパの「母乳育児お悩みあるある」とは

筆者がやっていた方法は昼間は搾乳、夜間は直接母乳というもの。理由としては、夜中に赤ちゃんが泣いてから20~30分搾乳機で絞るのを待つのは厳しいからです。

待たせている間ずっと泣いていては、パパが起きてしまうし、近所迷惑にもなりますので、夜中だけは痛みをこらえて授乳をしていました。

ただし、新生児の夜間の授乳は多い時は1~2時間おきになることも。さすがに夜間の授乳で5回6回も直接あげるのは辛いという時には、寝る前に1回分搾乳しておき、夜間授乳の1回目はその母乳を与えるようにしていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.