子育て情報『キラキラネームブームが再来?後悔しない「赤ちゃんの名前決め」で押さえておきたいポイント』

2016年8月20日 22:00

キラキラネームブームが再来?後悔しない「赤ちゃんの名前決め」で押さえておきたいポイント

キラキラネームブームが再来?後悔しない「赤ちゃんの名前決め」で押さえておきたいポイント

キラキラネームにしようかな……と思っている方、ちょっと待って!“マタニティーハイ”でつけたいだけかも?

筆者もキラキラネームに憧れ、とても悩みましたが、キラキラネームをつけた親の1割以上が本気で後悔しているといわれているのが現状だそうです。

名前は、親から子への贈り物です。その子の将来をもっとリアルに考えてつけてみませんか?

後悔しない「名前決めのポイント」についてお伝えします。

キラキラネームブームが再来?後悔しない「赤ちゃんの名前決め」で押さえておきたいポイント


■なんて読む?人気のキラキラネーム

キラキラネームとは、当て字を用い、イメージや音(おと)で漢字を読む名前。

または、親にとってはとても深い考えがあるともいえる名前のこといいます。可愛い・かっこいい音(おと)ですが“読めない”ことが特徴です。

一時期とても流行り、多くの親がキラキラネームを付けていたような気がします。しかし、バッシングや批判的な声も多くなり、少し落ち着いていました。

そんな“キラキラネームブーム”が再来!? また、少しずつ流行り始めています。

リクルーティングスタジオでは『2015年ベスト・オブ・キラキラネーム』を発表しました。

結果、1位は“皇帝(しいざあ)くん”で、アクセスランキングでも1位を獲得しています。

そして、2位は“一心(ぴゅあ)ちゃん”、3位は“大海(おーしゃん)くん”、4位は“姫星(きてぃ)”、6位も“希星(きてぃ)”とのことです。

キャラクターの名前は人気で2014年は“黄熊(ぷう)くん”、“今鹿(なうしか)ちゃん”、2013年は“泡姫(ありえる)ちゃん”が上位に入っています。

確かに、可愛いイメージをしやすく、寛大で強い男の子のイメージも沸いてきます。しかし、パッと見ただけでは読めないかもしれません。

■赤ちゃんの名前を決めるときのポイントは3つだけ

キラキラネームブームが再来?後悔しない「赤ちゃんの名前決め」で押さえておきたいポイント

キラキラネームが流行ったのは2000年くらいですので、最初の子どもは今、16歳前後。高校生になっている今、どのように感じて生活をしているのでしょうか。

たまに病院などで名前を呼ばれたとき、周りの人が少しざわついたり、呼ばれている本人が恥ずかしそうにしている姿を見かけたことがあります。また、パソコンで変換をすることが多い時代です。学校の講師もしていましたが、やはり、変換しにくい漢字の生徒の話題は卒業するまで続きます。

名づけするときのポイントは3つ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.